Bitfinex、仮想通貨取引所で株価指数を対象とするデリバティブ取引提供へ

仮想通貨(暗号資産)取引所のBitfinexは28日、株価指数に関連したエクイティ・スワップ取引の提供を開始すると発表した。

ヨーロッパの株式の株価指数「STOXX Europe 50」とドイツ株価指数「Germany 30」の株式指数を対象とした永久スワップ取引で、レバレッジ最大100倍のUSDT建で提供される予定だ。

これまで、CMEのような業界外のデリバティブ取引所を通じたビットコインデリバティブ取引の提供が進んできた仮想通貨市場で、Bitfinexは業界外の株式指数を仮想通貨市場に取り入れる新たな施策を行う。

STOXX Europe 50は、STOXXが算出する、ユーロ圏先進11カ国[1]のスーパーセクターにおける上位銘柄により構成されるヨーロッパの株価指数。一方のGermany 30は、フランクフルト証券取引所で取引されるドイツの主要30銘柄(ブルーチップ)で構成される時価総額加重平均型の株価指数となる。

仮想通貨取引所で、株式関連商品の取引が提供されるのは初めての試みで、Bitfinexは、仮想通貨トレーダーが単一のプラットフォーム上で幅広い取引にアクセスできる環境整備を目指しているとしている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します