リップル取引所比較

国内リップル取引所を安さや手軽さで比較
bitbankは国内で、XRPを最安値で購入しやすい最もおすすめの取引所です。QUOINEXは国内唯一25倍のレバレッジをかけてXRPでFXすることが可能です。GMOコインは、少し割高になりますが、板取引のbitbankと違い手間がかからず直ぐに購入することが出来ます。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

リップル取引所比較とおすすめXRP取引所ランキング

リップル社の仮想通貨XRPは、日本人人気が非常に高い通貨の一つです。

送金が速く、銀行間送金に使われることを目指す通貨であり、またSBIグループと深い関係性があることでも知られています。

今回はそんなXRPを取り扱う取引所を比較し、おすすめの取引所をランキング形式で紹介致します。

リップル取引所比較
取引所 解説
bitbank

bitbank

取引手数料0%のbitbank.cc、追証なしレバレッジ最大20倍のビットコインFXが出来るbitbank Tradeの二つの取引所が存在する。国内では最も安くXRPを購入可能

QUOINEX

ビットコイン取引高急上昇中で注目を集めている、世界展開している取引所。アルトコインFXレバレッジ最大25倍取引、注目独自通貨キャッシュ(QASH)の取り扱い、など独自性が強い。板取引であるため販売所形式より安くXRPを購入可能だが、アルトコイン板取引に手数料がかかる。

GMOコイン

FX界隈では不動の地位を持つ業界大手のGMO(GMOクリック証券)によって展開されている取引所。レバレッジ最大25倍で取引が可能。XRPは販売所形式での購入となるため、ある程度割高になるが、手軽で便利
リップル取引所おすすめランキング
  1. 第1位:bitbank(ビットバンク)
  2. 第2位:QUOINEX(コインエクスチェンジ)
  3. 第3位:GMOコイン

第1位:bitbank(ビットバンク)

公式HP bitbank公式HPはこちら
会社名 ビットバンク株式会社
資本金 11億3100万円(資本準備金含む)
取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサ(ETH)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)

XRPを購入する際、最もおすすめの国内仮想通貨取引所bitbankです。

XRPを板取引で購入することが可能であるため、安値でXRPを入手しやすいです。

2018年6月30日00:00まで取引手数料無料キャンペーンを実施しているため、板取引の取引所の中でも更にお得です。

第2位:QUOINEX

公式HP QUOINEX公式HPはこちら
会社名 QUOINE株式会社
資本金 約20億円(資本準備金含む)
取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリウム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、キャッシュ(QASH)

QUOINEXでは、板取引でXRPを入手することができます。

しかし、QUOINEXはbitbankとは違い、アルトコインに取引手数料が約定金額の0.25%かかります。

XRP取引高もbitbankとそれほど大きく変わらないため、XRPの現物売買はbitbankがおすすめですが、XRPで25倍までレバレッジをかけて取引が出来るのはQUOINEXのみとなっています。

第3位:GMOコイン

公式HP GMOコイン公式HPはこちら
会社名 GMOコイン株式会社
資本金 17億5800万円(資本準備金含む)
取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリウム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)

GMOコインでは、取引所ではなく販売所形式でXRPを購入可能です。

運営元からの購入であるため、割高に設定されていますが、板取引と違い手間がかからず直ぐに購入することが出来ます

また、GMOコインは送金及び出金手数料がマイナーへの支払い分以外かからないため、通貨を出入りさせやすいです。

リップル社の仮想通貨XRPとは

リップル社が中央集権管理者となっている仮想通貨XRPは、送金を重要視した通貨です。

他通貨で問題となっているスケーラビリティ問題による送金詰まりや遅延なども非常に発生しにくいです。

そのため、他国との銀行送金を行える、他通貨と他通貨の橋渡しとなるブリッジ通貨となることを目指しています。

リップル社の技術は様々な企業で注目されており、特に参加銀行が61行に及び、三井住友銀行やゆうちょ銀行等メガバンクも参加しているプロジェクトで、リップル社技術を使用すると明言されていることは、日本の仮想通貨投資家の間では有名です。

取引所と販売所の違い

仮想通貨取引所を調べていると、「取引所」と「販売所」という言葉を目にする機会が多いと思われます。

これの違いをそれぞれ一言で説明すると、取引所は「ユーザー同士で通貨を売買する場所」、販売所は「運営元と通貨を売買する場所」になります。

取引所は手数料が安く、大多数の人はこちらで売買しようと考えます。

しかし板取引のため、買い注文を出したとしても、同じ値段で売り注文を出すユーザーが出ないと注文は確定しないため、手間に感じる人もいます。

販売所はいつでも即座に自分の希望価格で運営元から購入、もしくは売ることが出来ます。

しかし運営元との売買であるため、取引所よりも割高な料金が設定されています。

取引所 販売所
メリット 安い お手軽
デメリット 少し手間がかかる 割高になる

まとめ

XRPは金融庁のホワイトリスト入りも果たしている、日本人人気の高い通貨の一つです。

国内取引所の中では、bitbankが最も安く購入することが出来るでしょう。

板取引であるため、注文した通貨量が多いと、自分の注文価格で中々買うことが出来ない場合もあります。

安く買うためにはbitbankでの購入をおすすめ致しますが、手間を省きたいと考える方は、少し割高になりますがGMOコインの販売所でXRPを買うのも良いかもしれません。

ビットコインの買い方やおすすめ取引所についてはこちら↓の記事を参照して下さい。

ビットコインの買い方|おすすめ購入方法を紹介
ビットコインの買い方の紹介記事です。ビットコインの購入方法はいくつか存在しますが、おすすめは信頼出来る仮想通貨取引所で購入する方法です。代理で購入してもらうなど、人に任せる方法はトラブルや詐欺に巻き込まれる可能性が高いのでおすすめしません。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加