「巻き戻しのエネルギー溜まる中、米大統領選直前のCME SQに注目」bitbankビットコイン週間市況と各金融市場の騰落率

今週の相場の動きは

ビットコインは21日、年初来高値を更新し13,000ドルを突破した。22日から23日にかけて、イーサリアムも高騰し、415ドルを付けた。

米決済大手PayPalがアプリ内で暗号資産(仮想通貨)の売買を開始する予定を明らかにするなど、仮想通貨市場とって盛況な一週間となっている。


目次
  1. 各市場の騰落率
  2. bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧

10/23(金)終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。

CoinPostで作成

月初来騰落率

CoinPostで作成

年初来騰落率

CoinPostで作成

(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算)

(仮想通貨の価格は取引所コインベースを参照)

10/17〜10/23のBTCチャート

CoinPostで作成

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

今週(23日正午時点)のビットコイン(BTC)対円相場は堅調に推移し、21日には8月17日に記録した年初来高値(1,317,850円)を更新。同日の終値は昨年7月ぶりに130万円台を回復し、相場は本稿執筆時点では135万円周辺で推移している。

今週は、なんと言っても米オンライン決済大手ペイパルが暗号資産(仮想通貨)支払いサービスを開始すると発表したことが、市場全体を押し上げる非常に大きな強材料となった。

関連:PayPalの仮想通貨サービス、今後の事業展開と収益への影響は?

ペイパルの発表以降の相場は既存の金融市場から独立した動きが伺えるが、今週21日までは、ブレグジット交渉再開で上昇したポンドにユーロも対ドルで連れ高となり、ドルインデックスが一時9月2日の水準まで下落したことも、BTC相場を支える材料となっていた。

思い返せばペイパルは、米規制当局からの圧力もあり、昨年10月にフェイスブックのリブラからいち早く離脱を表明した企業であった訳だが、そんなペイパルが仮想通貨に本格参入するということは、同社が仮想通貨ないしデジタル通貨の普及に大きな可能性を見出している証ではないだろうか。マイク・ノヴォグラッツ氏も「銀行の仮想通貨競争が始まる」とツイートしていたが、ペイパルを皮切りに大手企業の仮想通貨参入の波が来るか大いに期待される。

来週30日は、米大統領選前最後のCMEのSQがある。先週13日時点のBTC先物の取組内容を見ると、未決済建玉(OI)が増加しており、新たなトレンドの始まりが示唆されている(第1図)。ファンド勢のショートポジションも積み上がっており、巻き戻しのエネルギーも相応に溜まってそうだ。

第1図:BTC対円、CME BTC先物未決済建玉、ファンド勢ポジション推移 出所:bitbank.cc、CFTCより作成

寄稿者:長谷川友哉長谷川友哉(ハセガワ ユウヤ)
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

関連:bitbank_markets公式サイト


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します