オーストラリアのIPO(新規株式公開)、仮想通貨テザーによる資金受け入れ 

テザー(USDT)を新規株式公開で受け付け

豪州の資金調達プラットフォームSTAXで行われる新規株式公開(IPO)にて、ステーブルコインのUSDT(テザー)による資金を初めて受け入れることがわかった。

STAXの顧客であるWest Coast Aquaculture Group(WCA/西海岸水産養殖グループ)が、ステーブルコインのテザー(USDT)による投資も受け付ける。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨ではなく、米ドルとペッグされたテザーが選出された理由は、価格の安定性と取引速度だ。

WCAはシドニー証券取引所(SSX)に上場し、11月19日頃に株式が取引開始される予定とされる。

メルボルンを拠点とするWCAは、マレーシアで海洋養殖事業を運営しており、マレーシア、香港、シンガポールの市場に魚やその他水産物を販売している。

IPOによって調達される資金は事業拡大に充てられるという。IPOでは、最大1400万株を0.35米ドルで提供。上場で少なくとも350万米ドル(約3.6億円)の調達を望んでいるという。 

シドニー証券取引所は、オーストラリアの取引所の中でも、仮想通貨関連企業に対して友好的な姿勢を取っていく方針のようだ。

STAXのCEO、Kenny Lee氏は、IPOでの仮想通貨デザー受け入れは、仮想通貨が社会で広く採用されるための大きな一歩だと述べ、次のように付け加えた。

私たちは、海外投資家が参入するのが困難であった市場へのアクセスをよりオープンにする。このことは長期的に見て、オーストラリアの企業に利益をもたらすだろう。

SSXのCEO、Michael Go氏は、次のようにコメントした。

資本市場におけるイノベーションのサポーターとして、シドニー証券取引所は、USDTを受け付けて資金調達を促進するSTAXを称賛する。

これはオーストラリア市場で初の、歴史的な進歩であり、特に成長中の企業にとっては将来の資金調達においてとても重要なものだ。

米国でもIPOの仮想通貨受入事例

米国では、IPOを仮想通貨で受け付ける事例はすでに存在している。

仮想通貨取引のソリューション開発を行う企業INX Limited(INX)が、米証券取引委員会(SEC)が課した最小オファリング要件である750万ドル(約8億円)の調達額を突破したのち、それ以降の投資について仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、USDコイン)でも受け付けた。

同IPOは、株式自体もセキュリティトークン(イーサリアムERC-20トークン)を用いて実施される米国初の事例だった。

関連:米国初のセキュリティトークンによるIPO、最低調達額を突破

また、個人投資家が自身でトークンを発行して私的に資金調達する例もある。

DeFiプロジェクト「ロケット」創設者のAlex Masmej氏は、イーサリアムブロックチェーン上で独自の「ALEXトークン」を構築して販売、約200万円の資金を調達した。

このトークンを保有する投資家は、今後3年間に渡り、年間上限10万ドルとしてAlexの収入の内15%が付与される。

関連:「人間IPO」仮想通貨起業家がイーサリアムで200万円調達、収入の分配権を付与


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します