イーサリアムの売り圧懸念も、Uniswapの流動性マイニング終了日迫る

Uniswapの流動性マイニングが一区切り

大手DEX(分散型取引所)Uniswapの独自トークン「UNI」における最初の流動性マイニングプログラムが、11月17日9時に終了予定となっている。(*21時⇨9時に訂正)

参考:Uniswap公式

ガバナンス投票で、流動性マイニングの第二弾が始まる可能性もあるが、トークンインセンティブの仕組みが一旦なくなることで、預け入れた仮想通貨イーサリアム(ETH)が売り圧力となる可能性も警戒されている。

Uniswapは、9月17日にガバナンストークンUNIのリリースを発表した。UNIトークンの取得(マイニング)のため、Uniswapにある4つの流動性プールに資産を預ける必要がある。ETH/USDT、ETH/USDC、ETH/DAI、ETH/WBTCの流動性プールに預け入れられたETHの合計額は、12億ドル(1300億円)相当に及ぶ。

出典:Uniswap

11月17日の期日を迎えると、現行のUNIトークンのインセンティブ制度は終了するため、放出されたETHはそのまま保有するか、別のDeFiプロトコルに入金されるか、売却されることになる。

関連DeFi大手Uniswap、独自のガバナンストークン「UNI」を発表

流動性マイニングはイールドファーミングを行う人達を惹き付けるために、流動性提供の対価として利息の他にガバナンストークン(ガバナンスへの参加権を表現するトークン)が付与されることを指す。

有識者の見解

JPモルガンの元バンカーでDeFi市場に携わるDarryl Wang氏は、次のように見解を語った。

Wang氏は、取引手数料を得るために、大半はそのままプールに残し、他の一部ETHをより高い金利のイールドファーミングを求めるため出金する可能性があると見ている。約半分に該当する5億ドル分は、プールから出金されるのではないかと憶測した。

Wang氏の試算では、3つシナリオが示された。

  1. SushiやAlpha、次世代ETH2.0などにデポジット(入金)される
  2. ウォレットにそのまま残す
  3. 売却して現金化するか、ステーブルコインや他アルトコインに変換される

現在、日平均100万ドルに相当するUNIが報酬として付与されている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します