中国国営テレビ「財経チャンネル」ビットコイン相場の高騰を報じる

中国、再びビットコイン高騰を報道

中華人民共和国の国営放送である中国中央電視台「財経チャンネル(CCTV2)」で、暗号資産(仮想通貨)ビットコインの高騰について再び報じられた。

関連中国官報が異例の報道「仮想通貨は今年最もパフォーマンスに優れた資産」

番組では、「ビットコイン価格が過去50日間で約70%上昇し、17,534ドルに達した」ことを報じた。

価格の上昇について、17年の強気相場に比べ、ビットコインネットワークや開発・投資に関連するエコシステム改善が進捗していることを指摘。機関投資家の需要拡大など、相場分析も行った。今年9月には、CCTV2や政府系新聞紙「参考消息」、新華社(ネット新聞)などが、仮想通貨市場は2020年で最もパフォーマンスの良い資産として報じている。

仮想通貨への強い規制

仮想通貨の取引自体を禁じるなど、他国よりも一段と強い規制を敷く中国では異例とされ、報道の意図を訝る声も散見された。

直近では、中国中央銀行(PBoC)が資金洗浄対策強化の一環として、一部の仮想通貨OTC業者の銀行口座やクレジットカードの利用を凍結した事例が確認されたほか、政府系メディア「人民日報」が中国人民銀行の見解として、「OTCを含む仮想通貨の売買サービスは違法である」との見方を掲載している。

関連中国政府の仮想通貨取締まり強化策でビットコインの一部マイナーが困窮状態に


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します