ビットコインを事業面でも開拓へ──BTC巨額投資の米上場企業

ビットコインに関するデータサービス事業を開発へ

米ナスダック上場企業MicroStrategy(マイクロストラテジー)社が、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)に関するデータサービスの開発を計画していることを明かした。同社は財務資産の一部として総額4.25億ドル(38,250 BTC)ものビットコインを購入したことで話題となったが、投資だけにとどまらず、事業展開の面でもビットコインに関わっていく意欲を見せている。

11月16日の投資家向け報告で、同社のMichael Saylor CEOは「ビットコインを巡ってはインテリジェンス製品を提供する機会が豊富にある」と語り、「この領域を探り、既存のビジネスに統合して展開するための効率的な方法を見つけたい」とした。

「現時点では、まだ商品化すると確信できるものは1つもない」と留保しつつも、ビットコインインテリジェンス製品のために、ブロックチェーン分野に経験と才能ある人々を積極的に採用していくと発言している。

ただSaylor氏は「ビットコインコミュニティや、ゆくゆくは仮想通貨コミュニティ全般に寄与できるビジネスインテリジェンスを提供する方法を考える」と述べており、将来はBTC以外の仮想通貨にも適用できるサービスを考えているようだ。

MicroStrategy社の最高技術責任者Tim Lang氏によると、同社はすでに新製品を検討するチームを結成しており、製品開発だけではなく技術面の探索も行うという。

ビットコインに使われている技術を活用する能力は、私たちのプラットフォームを将来最新のものにしていく上で鍵になる可能性がある。

以上のようにLang氏は語り、すぐに取りかかる課題としてビットコインのデータ分析があるが、同時にビットコインブロックチェーンに使われている技術を何らかの形でMicroStrategy社のプラットフォームに活用することも検討したいという意志を示した。

ビットコイン投資の値上がり分が本業を上回る

MicroStrategy社は、企業向けビジネス情報サービス、クラウドベースなどを提供する企業である。今年の夏に38,250 BTCを平均価格1万1111ドルで取得。その後の価格上昇によって、過去3年半の本業利益をBTC投資による値上がり分が上回ることになり、話題を呼んだ。

現在のBTC価格(1BTCあたり18,700ドル)では、約300億円もの含み益となっている。

また、BTCの大量購入を受け、株式市場でMicroStrategy社への注目が高まっており、その株式は上昇を続けている。同社が8月11にBTCを購入するという最初の発表をして以来、株価は50%以上と大幅に上昇してきている。

今月の16日の報告資料の中で今後のBTC購入については「ビットコインは当社の主要な財務資産で、市場の状況やビジネス上の必要性に応じて、さらに5,000万ドル以上の余剰資産を投入する見込み」と説明された。

関連: ビットコイン購入の米上場企業、高騰の恩恵「100億円超」


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します