マネックスがコインチェックに買収案提示|経営陣一新で子会社化か

マネックスがコインチェックに買収案提示か
日本経済新聞にて、買収額数十億円、コインチェックの議決権を過半数を握り、経営陣を派遣、和田晃一良社長と大塚雄介取締役を取締役から外す(株主としては残る)、などの内容が報じられています。
 

マネックス証券がコインチェックに買収案提示

4月3日、マネックス証券(以下、マネックス)がコインチェックに対し、買収による子会社化の案を提出したことが、日経新聞により報じられました。

買収案は、以下の内容で報じられています。

  • 買収額数十億円
  • コインチェックの議決権を過半数握り、経営陣を派遣
  • 和田晃一良社長と大塚雄介取締役を取締役から外す(株主としては残る)

これらの内容は、両社は週内に発表する見通し、とのことです。

マネックス証券は仮想通貨交換業参入の方針を伝えていましたが、金融庁の取り締まりが厳しくなった結果、新規登録には膨大な時間がかかるため、既存システムを活かすことができるコインチェックに目をつけた可能性があります。

ネット証券大手の「マネックス証券」などを運営するマネックスグループは、2017年末に「マネックスクリプトバンク」を設立しており、今回のニュースとの関連性も注目されます。

CoinPostの関連記事

マネックスクリプトバンク|マネックスの仮想通貨取引所が開設間近か
ネット証券最大手の「マネックス証券」などを運営するマネックスグループは、仮想通貨取引所を新たに開設予定です。2017年末に設立した「マネックスクリプトバンク」に関する情報など、東証一部上場会社の動きをまとめています。

マネックス証券がツイッター上でコメント

今回の件について、マネックス証券の公式ツイッターが行なったコメントは以下の通りです。

報道は公式発表のものではない、としましたが、内容については否定しておらず、今後さらに詳細情報が公開される可能性も考えられます。(現時点では確定情報ではないので、ご注意下さい。)

株式市場も反応

これを受けて、株式市場では「マネックスグループ(8698)」の株価が急騰。記事執筆時点(13:40)で+23.26%のストップ高に。

コインチェックに出資(※1)している仮想通貨銘柄の「セレス(3696)」も高騰するなど、関連銘柄が出来高を伴って買われています。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄の最新情報まとめは、以下の記事を参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
【9/11更新】株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

※1 セレスへの出資について(2017/11/30):サイバーエージェントのプレスリリースより

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加