CoinPostで今最も読まれています

bitFlyer CEO 加納裕三氏にインタビュー|bitFlyerと仮想通貨業界の今後

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

bitFlyerのミッションとは
加納裕三氏曰く、「当社は、ブロックチェーンで世界を簡単にするというミッションを掲げておりまして、技術としてのブロックチェーン、クリプトカレンシーとしてのブロックチェーンの両面から、世の中を便利にしていきたい」とのことです。

4月4日、都内で開かれたカンファレンスイベント「Beyond Blocks」にて、現在の日本の仮想通貨交換業界で最も注目されている人物の一人と言っても過言ではない、bitFlyer代表取締役 加納裕三氏にインタビューを実施致しましたので、その内容をお伝えします。

お忙しい中、インタビューにご協力いただいたbitFlyer 加納裕三氏に御礼申し上げます。

bitFlyerとは

bitFlyerとは、ビットコイン取引量日本一(FX含む)の日本国内最大手の仮想通貨取引所です。

金融庁の仮想通貨交換業者にも登録されています。

ビットコイン取引量が多いため、注文が通りやすく(自分の望む価格で売買しやすい)、仮想通貨投資初心者におすすめの取引所です。

また、三菱UFJキャピタル株式会社・三井住友海上キャピタル株式会社・SBI investment・GMOグループなどの大企業から出資を受けており、潤沢な資本金(41億円)などからも安心感のある取引所と言えます。

加納裕三氏について

加納裕三氏は、bitFlyer 代表取締役であり、日本ブロックチェーン協会 代表理事でもあります。

1976年生まれで、2001年に東京大学大学院工学系研究科を修了後は、ゴールドマン・サックス証券で勤めていた等の経歴を持っています。

また、2018年1月2日にTwitterを始めたことも大きく話題になりました。

4月4日のBeyond Blocksでの発表

4月4日、ウェスティン東京で開かれたカンファレンスイベント「Beyond Blocks Summit Tokyo 2018」にCoinPost編集部も参加しました。

その際には、以下のような発言が注目を集めました。

「(bitFlyerは)ニューヨークのBitlicenseだけではなく、ルクセンブルクでもライセンスを取得」

「現状90%のICOは信頼できない」

また、資金調達方法としてICOとVCを比較し、手続きが簡単なものの、税金が高いことを指摘しました。

更には、bitFlyerの独自ブロックチェーン製品であるMiyabiの紹介、ブロックチェーンの今後について、規制がより良いものになっていくこと、技術革新が起きる期待感を述べました。

インタビュー内容一覧

自主規制団体の設立の発表がありましたが、現在の進捗状況はいかがでしょうか。

現時点ではお話できる段階にはないのですが、順調に進んでおり、登記は既にされています。会社(団体)としてはもう存在しているという事になります。

bitFlyerで新たな仮想通貨の取り扱いの検討はされていらっしゃいますか。

金融庁がホワイトリストを管理されているので、ホワイトリスト入りで扱っても大丈夫という方向になれば、bitFlyerでも取り扱いの検討をしたいと考えております。

ICOについてのお話です。今後日本ではレギュレーションが進んでいくと思いますが、ICOが普及していくにあたって、レギュレーション以外の観点で何が大事だと思いますか。

オペレーターが詐欺行為を働いているかどうか、ユーザーの側で見抜けるようにする努力も必要ではないでしょうか。

詐欺まがいのICOは、意図して詐欺行為を働こうとしているわけで、そういうICOを見抜けるようにしなければならないと考えております。

ただ、やはりまずはレギュレーションの部分を固めて、このルールの中で行っていいというものをはっきりさせてからだとは思います。

ぐるなびとのペイメントの連携についてお聞かせ下さい。

まずはペイメントできるところを増やしていこうと考えております。

以前よりも送金手数料が下がっており、数円で決済ができるようになってきている状況なので、決済として利用しやすくなっているのではないでしょうか。

やはり、仮想通貨は友人など身近な人にも簡単に送金できる良さがあるので、決済できる場所を増やしていき、仮想通貨の利便性をより高めていきたいと考えております。

加納氏自身、またはbitFlyerとしての夢や目標はありますか?

当社は、ブロックチェーンで世界を簡単にするというミッションを掲げておりまして、技術としてのブロックチェーンとクリプトカレンシーとしてのブロックチェーンがあると思いますが、両面から世の中を便利にしていきたいと考えております。

そのミッションを達成できるようにこれからも精進して参ります。

仮想通貨業界に興味を抱くユーザーの方々に伝えたい事はありますか?

仮想通貨は上がったり下がったりと本当に変動が激しいので、少額投資から始めていただいて、仮想通貨の魅力に触れていただければと思います。

(仮想通貨業界では)英語で書かれている論文が多いのですが、誰かが良いと言っているから、悪いと言ってるからではなく、しっかりとどういった技術なのか調べていただいて、その上で可能性を感じられたトークンを購入していただいた方が、技術も一緒に発展していくのではないかなと考えております。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はビットコインから開始
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。
07:00
感謝祭明けNYダウ続伸 DOGECOINなども上昇
今日のニューヨークダウ平均は3日続伸。来週はパウエルFRB議長の講演などがある。仮想通貨市場ではDOGECOINが大幅上昇した。
11/25 金曜日
17:09
金融庁、DeFi(分散型金融)の実態調査へ
金融庁はDeFi(分散型金融)に関する実態調査に向けた、企画競争入札の公告を行った。要領等の交付を希望する者は、Eメールを通して参加申込みを申請する必要がある。
16:38
DCG、グループ内融資でビットコイン投信を取得
米仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社が、子会社ジェネシス・キャピタルからのローンで、投資信託「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を購入していたことが明らかになった。
14:00
海外取引所XT.com、Trillant(TRI)上場
海外仮想通貨取引所XT.comはTrillantのバリュートークンであるTRIの取り扱いを開始。テザー(USDT)建ペアが取引可能となる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧