フェイスブック主導の仮想通貨リブラが「ディエム」にリブランディング

リブラが「Diem」に

フェイスブック社などを含む27社からなるリブラ協会が、暗号資産(仮想通貨)リブラを「Diem(ディエム)」に改名し、リブランディングしたことがわかった。「Diem(ディエム)」は、ラテン語で「デイ(日)」を意味する。

先週のFinancial Times報道によると、ディエムは早ければ2021年1月にローンチする可能性が出てきた。

当時の報道では、リブラ協会はディエムをローンチするにあたって、スイス連邦金融市場監督機構(FINMA)から決済サービスの「ライセンス」を21年1月までに取得することが見込まれている。

関連仮想通貨リブラ、最短で21年1月ローンチか=Financial Times報道

仮想通貨メディアCoindeskの取材を受けたリブラ協会のStuart Levey CEOは具体的なローンチ予定日に関するコメントを控え、「金融市場監督機構の判断に委ねる」と話した。

リブランディングの理由

リブラは本来2020年の上半期にローンチする予定だったが、各国政府の規制圧力を受け延期。リブラに関連するリブランディングや変更は、今回が初めてではない。

今年の5月、フェイスブック社傘下のリブラ専用ウオレット企業「Calibra」は社名を「Novi」に変更。また4月に、新たな計画書を公開し、単一通貨に基づく新たな設計に変更することや、より厳格に規制に準拠することを発表した。

今回、ディエムへの改名理由について、Levey CEOはロイターの取材で、「リブラという名称はプロジェクト開始時の理念を反映し規制当局との不一致に関連しているため、変更をおこなった。現在は設計や規制への準拠方針などを一新している」とコメントした。

さらに、名称変更に伴い、中央銀行のデジタル通貨プロジェクトにリブラネットワークを統合することをアピール。「中央銀行のCBDCがリブラネットワークに統合されることを望む。そうすれば、リブラで準備通貨を管理する必要性がなくなり、信用やカストディリスクを抑制することもできる」、としている。

参考:ディエム

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します