CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン・ブロックチェーンを利用した秘密通信とその活用例=学術論文

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーンを利用した秘密通信

ビットコインとイーサリアムのパブリックブロックチェーンを秘密通信に使用する方法を検証する複数の学術論文が、相次いで発表された。

オーストラリアのサイバーセキュリティ研究・イノベーションセンターは、ビットコインのブロックチェーンに焦点を当て、ブロックチェーンベースのボットネット(インターネット上のパソコンを自由に操作するマルウェア)を構築する方法を、ステップごとに検証した。

電子工学技術者最大の業界団体であるIEEEの出版物「Internet of Thigs Journal」に発表された論文では、ビットコインブロックチェーンが秘密通信のチャンネルとして普及していると言及し、データ埋め込み方式の設計として、「発見されにくい」ハッシュチェーンベースの秘密データ埋め込み(HC-CDE)スキームを提案している。

さらに、中国の黒竜江省及び江蘇省の助成金で支援された研究では、揚州大学や南京大学の研究者らが、イーサリアムの通信プロトコルであるWhisperのフィールドを使用した秘密通信方式を提案した。

秘密通信の実例

ビットコイン・ブロックチェーンには、簡単なメッセージを埋め込む機能がある。ビットコインのジェネシスブロック(最初にマイニングされたブロック)に、2009年1月3日の英Times紙の見出しが、既存の金融システムに対する教訓的なメッセージとして刻み込まれたことは、周知の通りだ。

その後、今年5月に、三度目となるビットコイン半減期を記念して、マイニングプールのF2Poolが、米FRBによる2兆ドル超の救済策に関するニューヨークタイムズの見出しを、「新時代のメッセージ」として刻み込んだ。

しかし、これらは公のメッセージであり、秘密通信として暗号化されているわけではない。

ビットコイン・ブロックチェーンが秘密通信手段として利用された最初の例は、今年6月、英サイバーセキュリティ企業Sophosの研究者グループにより報告された。

Sophos社は、犯罪者は、256ビットのAES復号鍵を必要とする暗号化された秘密のメッセージを送受信していたと指摘した。マルウェア「Glupteba」が使用されていたという。

誰でもがアクセスできるビットコインブロックチェーン上の情報は、犯罪者にとっても格好のコミュニケーション手段となり得るのかもしれない。Sophosの研究者は次のように説明している。

ビットコインの『トランザクション』は、お金に関するものである必要はない。トランザクションのRETURN(OP_RETURNとしても知られている)と呼ばれるフィールドを含むことが可能で、実質、最大80文字をコメントできる。

秘密通信の概念実証

ブロックチェーンを利用した秘密通信に関しては、すでに2018年、フィンランドのOulu大学の研究者であるJuha Partala氏が、「ブロックチェーン上での証明可能な、安全な秘密通信」と題した概念実証を発表している。

「安全な秘密通信は、秘密通信が行われているという事実を隠すことで、送信者と受信者の関係を保護するように設計」されており、暗号技術とステガノグラフィの組み合わせとして実装が可能だと、Partala氏は主張。暗号技術でメッセージのプライバシーを保証し、表面上はごく普通に見えるものの中に秘密の情報を隠す技術=ステガノグラフィで通信そのものを隠すことができるという。

しかし、ステガノグラフィには媒体が必要となる。Partala氏は、誰もが匿名で自由にアクセスできるオープンな性質を持ち、データの信頼性が保証されるパブリックブロックチェーンは、秘密通信チャネルを実装するのに最適なプラットフォームであることを、論文で検証した。

この概念実証が、現実になるところまで、今日の研究は進んできているようだ。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
15:00
アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
14:00
スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。
12:30
日本 仮想通貨マネロン関連のFATF勧告対応法案が成立
マネーロンダリング対策を目的として、犯罪収益移転防止法などに関連する6つの法律の改正案が参院本会議で可決、成立した。
11:30
FTX US前CEO、新たな仮想通貨事業で資金調達か
FTX USのブレット・ハリソン前CEOは新たな仮想通貨トレーディング関連のソフトウェア企業のために資金調達を始めたようだ。
11:00
米司法省、FTXを調査する独立審査官の任命を要請
米国司法省の連邦管財官事務所は、仮想通貨取引所FTXの破綻に関して審査官を任命することを申し立てた。独立した立場から、FTXの不正行為疑惑などを調査する必要があるとしている。
10:00
Ankrプロトコルへの攻撃、20億円の二次被害
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB(aBNBc)」が、不正に発行されたAnkrプロトコルへのハッキング事件で、20億円規模の二次被害が明らかになった。
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧