個人ウォレットから8億円相当の仮想通貨が流出 DeFi保険プラットフォーム創設者

Nexus Mutual創設者が被害者に

DeFi(分散型金融)における大手暗号資産(仮想通貨)保険サービスNexus Mutualの創設者 Hugh Karp氏が個人ウォレットで攻撃を受け、800万ドル以上(8.3億円)に相当する資金が盗まれたことがわかった。

Nexus Mutualの公式発表によると、流出した仮想通貨銘柄はNexus MutualのネイティブトークンNXMで、370,000 NXMに及ぶ。

事件の経緯

Karp氏は事件の経緯をTheBlockに説明した。

攻撃者はKarp氏のパソコンに侵入。用意した「なりすましトランザクション」を承認するよう罠を仕掛けて、ウォレットアプリのMetaMaskにおけるトランザクションをすり替えた。最終的には、攻撃者のウォレットに送金するように仕向けたという。

Karp氏はMetaMaskのプライベートキー(秘密鍵)が盗まれたわけではなく、あくまで「なりすましトランザクション」を仕掛けられた攻撃だと説明。Nexus Mutualのサービスには影響されていないとした。

なお、盗まれた資金の一部はすでに1inch.ExchangeなどのDEXで取引されていることが確認されている。

Karp氏は攻撃者に盗んだ資金を返金するよう呼びかけ、条件として、調査の中止と、30万ドルのバウンティ金を用意した。

著者:菊谷ルイス
参考:Nexus Mutual founder's personal wallet address gets attacked, funds worth more than $8 million get drained

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します