Foxconn:世界初の仮想通貨に特化したブロックチェーン携帯電話を製造予定

仮想通貨に特化したブロックチェーン電話
Sirin Labsが中国電気機械メーカーFoxconnを雇い、世界初のブロクチェーン電話を大衆向けに製造する予定です。Finneyと呼ばれるその製品は2018年10月に発売されます。

フォックスコングループが世界初のブロックチェーン電話を製造

電子機器の生産を請け負う電子機器受託生産 (EMS) では世界最大の企業グループであるフォックスコン・テクノロジー・グループ(iPhone、Kindle、そしてPlayStationなどを製造)がブロックチェーン電話を開発および生産するためにSirin Labsと協力することに合意しました。

仮想通貨時代のデバイスとなるFinneyは特別な取引手数料を払うことなく仮想通貨を安全に保管および使用することを可能にします。

そのうえ多数のトークンの統合、現金からトークンへの変換取引、そして決済ツールとしても役立ちます。

Finneyは仮想通貨界を一般大衆まで多くの人が利用できることを目指しているため、ある意味ではデジタルウォレットやUSBメモリなどと競い合っています。

このスタートアップはFinneyを実現させるために以前集めた7000万ドル(約75.2億円)に加え、12月に行ったICOで1.58億ドルを集めることに成功しました。

予約販売された25000個は10月に発送予定であり、仮想通貨コミュニティが活発な国(ベトナムやトルコなど)で8軒の新店舗にて販売されます。会社は2018年には最大で数百万個を発送し、最終的に電話キャリアと組むことを目標としているようです。

セキュリティの特徴と懸念点

セキュリティは複雑なアドレスとプライベートキーの代わりに虹彩認証・指紋認証または従来のパスワードによって守られます。全てのコイン関連サービスは物理スイッチによって作動されます。

しかし、Finneyのセキュリティデザインでは所有者をデジタルウォレットにアクセスするために盗人など物理的な盗難から守ることはできません。

つまり複雑なキーおよびアドレスの代わりに虹彩認証・指紋認証を採用することが時として予期しないリスクをもたらす可能性があります。

現在Finneyには1000ドル(約10万7千円)の値がつけられていますが、技術を他の電話メーカーや供給者に認可(ファーウェイとの見込み取引を含む)する中で価格を200ドル(約2万1千円)まで引き下げようと考えているようです。

現在大衆消費市場は競争の対象となり、他に二つの競合企業が参加しています。

ZippieはNokiaやモバイルOS会社Jollaと経験のある10人チームで、2月にソフトウェアをハードウェアメーカーに認可することで3000万ドル(約32.2億円)を集めました。BitVaultはそのブロックチェーン電話を軍事市場から大衆へと拡大するつもりです。

Foxconn to Manufacture World’s First Crypto Friendly Blockchain Phone

April 5, 2018

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加