CoinPostで今最も読まれています

ニューヨーク市警、犯罪捜査に仮想通貨取引監視ツールを使用──利用ポリシーを公開

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨取引分析ツールの使用と、そのポリシーを公開

ニューヨーク市警察(NYPD)が、暗号資産(仮想通貨)取引分析ツールの使用ポリシーについて概要を説明した文書を公開した。仮想通貨取引や、資金の流れを追跡できるツールである。

ツールは匿名のベンダーから供給されており、NYPDがこうしたツールを使用していることは、これまで公に知られていなかった。2020年6月に、ニューヨーク市議会は、顔認識ソフトウェアやドローンなど、監視技術の使用に関する詳細をNYPDに要求する法案を可決。仮想通貨に関する監視ツール情報の開示も、一連の情報公開の一部として提供されている。

1月11日付けの開示文書で、NYPDは「犯罪捜査を促進するために仮想通貨分析ツールを利用して、仮想通貨取引に関連する情報の検索を自動化する」と述べている。

捜査ツール使用上の制限

このツールによるデータの自動収集を行う上では「合衆国憲法、ニューヨーク州憲法、および適用される法定当局の要件と保護に一致する方法で使用されなければならない」としており、仮想通貨分析ツールへのアクセス権限と、収集する取引データに制限を設けているという。

文書は次のように説明している。

仮想通貨取引情報はNYPDのコンピューターまたは管理システム内に保持される。許可されたユーザーのみが仮想通貨取引情報にアクセス可能。コンピューターおよび管理システムを利用するNYPD担当者は、ユーザー名とパスワードによって認証される。

さらにシステムへのアクセスは合法的な義務を持った担当者に制限されていると続く。NYPD職員の他に、システムのベンダーや請負業者も、分析ツールへのアクセスが可能だが、メンテナンスなど契約上必要な義務を行う際に限定されている。

収集するデータについては、インターネット上で公開されている分散型のピアツーピアネットワークで行われる取引に限られており、ブロックチェーン上の仮想通貨アドレスや、仮想通貨取引情報などその他の公共データソースから検索したものになるとしている。

一般市民が、ツールで得た情報の公開請求を行うことも可能だ。市民は、ニューヨーク州の情報の自由法に従って仮想通貨取引情報の公開を求められる。NYPDは、法律やNYPDポリシーに従って、そうした要求を検討するという。

NYPDの仮想通貨分析ツールは、人工知能、機械学習、顔認識などの生体認識技術は使用していない。

仮想通貨に特化した捜査ツールの導入進む

近年米国の捜査当局は、ブロックチェーンや仮想通貨に特化した捜査プログラムを導入するようになっている。

2021年度予算案より、国土安全保障省(DHS)の捜査機関である移民税関捜査局(ICE)が仮想通貨諜報プログラム(CIP)を使用していることが明らかになった。CIPは、あらゆる種類の犯罪に関連したマネーロンダリング行為を対象にするため設立されたものである。

関連:米捜査当局、犯罪捜査に仮想通貨諜報プログラムを活用

仮想通貨の捜査用システムの需要に応える企業の一つとして知られているのは、仮想通貨トランザクションの不正などを検出するブロックチェーン追跡専門企業チェイナリシス(Chainalysis)だ。

ChainalysisはBTCやETH、BNBをはじめ40以上の銘柄に対応しており、仮想通貨捜査ツール「Reactor」、本人確認等のコンプライアンス及び取引監視ツール「KYT(Know Your Transaction)」などのプロダクトを提供。

バイナンスやBitstampなどの取引所から、大手銀バークレイズや欧州刑事警察機構(ユーロポール)などの政府当局までクライアントとしている。

関連:仮想通貨取引の調査企業Chainalysis、XRPに新規対応

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
09/23 土曜日
18:00
米コインベースが過去に欧州FTX買収を検討
米仮想通貨取引所コインベースは破綻したFTXの欧州法人を買収することを検討していた。デリバティブ商品に力を入れていることが背景とみられる。
17:10
グーグルクラウド、BigQueryにアバランチなど11のブロックチェーンを追加
Google Cloudは、ビッグクエリ公開データセットにアバランチ(AVAX)など11の仮想通貨ブロックチェーンを追加したと発表した。
07:40
イーサリアム「Dencun」、2024年に実施か
仮想通貨イーサリアムの開発者は21日に会議を開催。次期アップグレードDencunについて、実施が来年初めになる可能性が示された。テストの開始が遅れる可能性があるという。
09/22 金曜日
16:29
大手VCパラダイム「仮想通貨は新たな惑星のようなもの」 投機需要も欠かせないと見る理由
仮想通貨関連技術に特化した米大手ベンチャーキャピタルParadigmは、「火星のカジノ」と題した論説で、仮想通貨を新しい惑星に例え、投機的な投資も「移住の起動プロセスの一部」として欠かせないものだと主張した。
16:15
セガ三国志大戦IP活用のBCG「Battle of Three Kingdoms」、動画初公開
  三国志大戦のIP活用BCGのチュートリアル動画公開 セガの人気ゲーム『三国志大戦』のIPを活用し、double jump.tokyo株式会社が開発を手がける新作ブロックチェ…
14:00
米FRB「資産のトークン化」に警鐘
米FRBは、トークン化が金融安定性に及ぼす影響について詳細に調査した論文を公開した。トークン化がデジタル資産のエコシステムと伝統的な金融システムとの相互接続を促進し、伝統的な金融システムに新たなリスクをもたらす可能性があると指摘している。
13:40
「Proof of Play」、a16zなどから約50億円調達
ブロックチェーンゲーム企業「Proof of Play」はシードラウンドで約49億円を調達した。プレイヤーが世界構築に参加できるWeb3ゲームを開発していく。
12:17
ビットコイン続落、FOMC後の金融引き締め長期化懸念で日米株安進む
暗号資産(仮想通貨)相場でビットコインが続落した。FOMCにおけるFRBの2024年の金融政策見通し悪化を受け、株安が進んでいる。
12:00
10年ぶりの日銀総裁交代、植田新総裁の金融政策は
2023年4月8日に黒田前総裁が退任し、翌9日より植田新総裁が就任し新体制へ。黒田前総裁は10年間でどのような政策をとり、経済・市場環境にどのような影響を与えたのか、また植田新総裁の現時点で発表されている政策による今後の影響も解説します。
11:45
韓国釜山市がWeb3産業育成に本腰 取引所も設立へ
韓国の釜山市はブロックチェーン育成関連の計画を発表。独自メインネットやデジタル資産取引所、100億円規模の育成ファンドを立ち上げるとしている。
11:00
チューリンガムの親会社クシム、Zaif親会社と経営統合へ
Web3企業チューリンガムの親会社クシムは、カイカエクスチェンジホールディングスと経営統合することを取締役会で決議したと発表した。仮想通貨取引所Zaifの運営企業も連結対象となる予定。
08:45
バイナンス、ETHのガス代を1日で計1億円相当支払い
仮想通貨取引所バイナンスは21日に、イーサリアムのガス代を1日で合計1.2億円相当も支払ったことがわかった。バイナンスの担当者が経緯を説明している。
08:10
恐怖指数上昇 米国株続落、日銀マイナス0.1%金利維持|22日金融短観
本日米NYダウは続落。ナスダックとS&P500は6月以来の安値となった。昨日のFOMC会合では市場の予測通りに金利据え置きが発表されたが、年内1回の追加利上げの可能性が示唆された余波を受けた形だ。
05:52
欧州MiCA法施行に向けてバイナンスのステーブルコイン対応は|22日朝の重要速報まとめ
仮想通貨取引所バイナンスは来年6月までに欧州市場でステーブルコインの上場廃止を検討しているか。CZ氏は報道を否定した。
09/21 木曜日
18:00
仮想通貨擬人化BCG「コインムスメ」がSTEPN運営と提携、GMTアイドル「ジェムティ」誕生
ブロックチェーンゲーム「コインムスメ」は、STEPN運営Find Satoshi Labとの提携により誕生した「ジェムティ(GMT)」のデザインを公開した。限定NFT200枚を抽選でプレゼントする企画も行われる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧