売り優勢で正念場の仮想通貨市場、ビッグマック指数で推し量るビットコイン

仮想通貨市場とBTC(ビットコイン)

米バイデン大統領の就任に伴い、ニューヨーク株式市場が続伸。ダウ平均株価は、前日比257ドル(0.8%)高の3万1188ドルで取引を終え、過去最高値を更新した。

大規模な経済対策の成立やワクチン普及で新型コロナの感染拡大に歯止めが掛かるとの思惑が先行。東京株式市場でも日経平均株価は前日比200円高の2万8720円と上昇した。

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)価格が前日比3.78%安の359万円(ドル)に。

ビットコインは、日本時間1時頃に日足ペナント下限付近の33,400ドルで反発したものの、レンジ内の値動きでは次第に買い方が劣勢に立たされつつある。引き続き警戒が必要な局面にあると言えそうだ。

19日に3年ぶりの過去最高値1420ドル(約15万円)まで上昇したイーサリアムも、達成感により売りが先行。ビットコイン下落に連れ安となる形で、一時13万円台を割り込んだ。

ビッグマック指数からみるビットコイン

調査会社Ecoinometricsは18日、ビッグマック指数(Big Mac Index)で消費者物価指数(CPI)などと比較を行い、1BTCで購入可能なビッグマック数を6,350個になると指摘した。

ビッグマック指数とは、通貨間の購買力を測るための指数。イギリスの経済専門誌「エコノミスト」によって1986年9月に考案され、毎年報告されている。飲食大手マクドナルドで販売されるハンバーガー「ビッグマック」1個の価格を比較し、算出するものだ。

ビッグマック価格は各国の金融・経済事情により異なるが、全世界においてほぼ同一品質のものが販売されている。原材料費や店舗の光熱費、店員の労働賃金など、さまざまな要因を基に単価が決定されるため、各国の総合購買力を測る一つの「非公式基準」となっている。

今から50年前。1970年のビッグマック価格は0.65ドル(67円)。1990年のビッグマック価格は2.20ドルだった。

2021年現在のビッグマックは8.7倍の5.66ドル(約586円)で販売されており、インフレーションによる物価の上昇を示している。

一方、米国でビッグマックを購入するには、15,764Satoshi(サトシ)が必要との試算が出された。1Satoshiは、1ビットコインの1億分の1(1Satoshi=0.00000001BTC)にあたり、ビットコインの最小単位として示される。

出典:Ecoinometrics

ビッグマック価格など物価の上昇とは反比例して、年々低下していることがわかる。1Satoshiは日本円だと0.0359円になり、21日12時の最新のBTC価格360万円で計算すると、16,323Satoshi(サトシ)が必要だ。

Ecoinometricsは、新型コロナ蔓延を受けた大規模経済対策に伴う米ドルの大量増刷により、GDP比で米国の債務比率が大きくなるとともに通貨価値の逓減を招いていると指摘。代替資産としてビットコインに焦点が当たっているとしている。

コインチェックで口座開設(リンク

著者:S.Ninomiya
参考:Ecoinometrics

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します