CoinPostで今最も読まれています

投資ファーム創設者:仮想通貨は世界を変える|現在の状況はインターネット黎明期

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨の不安定さの要因
投資家Brian Kelly氏は、現在の仮想通貨はFUD(Fear”恐れ” Uncertainty“不確定” Doubt“疑い”)の3要素に象徴されるとしつつも、現在の仮想通貨のボラティリティの高さはシンプルにその仕組みや存在が勘違いされていることによってもたらされていると考えているようです。
価格低迷に対し、現在が底値で今後高騰との見方
Kelly氏は、現在仮想通貨が置かれている現状は悲惨極まりないものである一方、これが底だろうと考えているようです。ウォーレン・バフェットの名言を引用しつつ、危機に見える今こそ仮想通貨投資のチャンスだと示唆しました。

仮想通貨の不安定さの要因

ビットコインの価格が2022年までには25万ドルに達するだろうと以前答えたことのある、投資家Brian Kelly氏はCNBC誌の企画「ファストマネー」内にてこう語りました。

仮想通貨の置かれた現状は1980、黎明期のインターネットに似ているでしょう。仮想通貨の技術は世界を変える可能性を持っています。ですがまだ非常に新しい技術なのです。

Kelly氏の発言から振り返ってみると、現在の仮想通貨はFUD(Fear”恐れ” Uncertainly“不確定” Doubt“疑い”)の3要素に象徴されるといってよいでしょう。

ビットコインなど仮想通貨がもつ、ボラティリティの高さは、こうした不確定な要素が絡み合っているのです。

しかし、技術的な部分を詳細に見てみれば、仮想通貨はいずれより大きな存在になることは明白だと考えている投資家は多く存在します。

その一人が投資ファームBKCM LLCのCEOであり創設者Brian Kelly氏です。

彼はこのデジタル資産投資ファンドのマネージャーを務める人物であると同時に、「Bitcoin Big Bang」を書いた人物としても知られています。

彼は現在の仮想通貨のボラティリティの高さは、シンプルにその仕組みや存在が勘違いされていることによってもたらされていると考えているようです。

彼は以下のように語りました。

仮想通貨や、ブロックチェーン技術は未来のCISCOやMicrosoftになるでしょう。

ですが、仕組みが大きく異なります。これらはオープンソースのソフトウェアです。特定の企業のことをさしているのではありません。

この部分を多くの人たちは勘違いしています。

価格低迷に対し、現在が底値で今後高騰との見方

「こうした状況の置かれている現在の仮想通貨は底値を示しているに過ぎない。

Kelly氏ら仮想通貨を肯定的に見る投資家たちはそう考えています。

4月5に行われたCNBCのインタビュー内でファンドストラット社の創業者にして、アナリストであるTom Lee氏はこう答えました。

4月17日までに仮想通貨が市場に大量に出回るでしょう。アメリカ国内の投資家たちは、推定で25億ドルのキャピタルゲイン税を払わなくてはなりません。それに対応するための売り圧力が強まっています。

Tom Lee氏はこうした現状を「悲惨」という言葉で表現していますが、彼もまた、Kelly氏と同様に、仮想通貨が今後高騰を見せると発言している人物として知られます。

彼自身は現在仮想通貨が置かれている現状は悲惨極まりないものである一方、これが底だろうと考えているのです。

こうした見解にKelly氏も同意します。

彼は名投資家ウォーレンバフェットが残した以下の言葉が現在のBitcoinを含めた仮想通貨マーケットでの投資を行うためのアドバイスとして適していると述べます。

多くのものが熱望している時こそを恐れなさい。そして多くの人たちがそれを恐れている時にそれを求めなさい。

そしてKelly氏は、バークレイズが先日の発表の中で仮想通貨をウィルスに例え、仮想通貨に高値が付くことはないと表現したことを引用してこう語りました。

バークレイの発表がありましたが、あれをみれば、ビットコインであろうとなかろうとどんな資産でも手に入れたくなりますね。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧