オーキッドが韓国大手仮想通貨取引所Bithumbに上場、アジア展開が加速

OXTがBithumbに上場

分散型VPNサービスを提供するオーキッド(Orchid)は、自身が開発するプラットフォームで利用されているトークンOXTが、韓国大手仮想通貨取引所Bithumbに上場したことを発表した。

オーキッドは20年以降、積極的にグローバル展開を行っている。20年末には、インドネシアの仮想通貨取引所最大手Indodax、および中華系大手仮想通貨取引所Huobiへの上場を次々と発表し、特にアジアでの市場拡大に尽力している。800万の登録ユーザーを抱えているBithumbへの上場により、アジアにおけるオーキッドの認知度向上が期待されている。

今回の上場に関して、オーキッドの共同創設者兼CEO、Steven Waterhouse博士は以下のように述べた。

OXTがBithumbに上場し嬉しく思う。Bithumbは業界を牽引している取引所だ。Bithumbがオーキッドのデジタル資産を上場したことにより、オーキッドが強力なプライバシーを提供しているということが、より一層強く示されるようになった。

OXTとは

OXTとは、分散型VPNサービスに特化したオーキッドのプラットフォームで、経済的インセンティブとして機能しているERC-20規格のトークンだ。オーキッドでVPNを利用したいユーザーは、帯域幅プロバイダーに対して、OXTでサービス利用料を支払う。オーキッドでは、多くの分散型VPNサービスと異なり、利他的なプロバイダーがサービスを提供してくれることに依存するのではなく、トークンという形で経済的インセンティブを創出し、競争を促進することにより、ユーザーに幅広いオプションを提供している。

オーキッドのユーザーは、「確率的ナノペイメント(Probabilistic Nanopayments)」と呼ばれる、オーキッド独自の決済構造を活用することにより、使った分だけの利用代金をプロバイダーへ支払うことができる。そのため、月額または年額契約を必要とする同様のサービスよりも柔軟性が高いとされる。

確率的ナノペイメントとは、少額決済においてトランザクション手数料を最小限に抑えることを目的として、オーキッドが開発した決済システムだ。このシステムでは、オーキッドのVPNサービスを利用したユーザーは、プロバイダーに直接OXTを送付するのではなく、代わりに宝くじのような「チケット」をオフチェーンで発行する。

例えばユーザーは、直接1ドル分のOXTをプロバイダーに支払うのではなく、1%の確率で100ドル分のOXTを受け取るチャンスがあるチケットを発行する。実際にプロバイダーが「当たり」のチケットを受け取った時にのみ、オンチェーンでチケットを引き換える必要があるため、コストを抑えた方法でOXTの少額決済が可能になる。

関連:拡大するVPN市場、課題とブロックチェーン技術によるソリューション|Orchid、Brave

関連:「オンラインプライバシー保護ツールを日本市場へ」オーキッドCEOへインタビュー

著者:CoinPost編集部
参考:Orchid , Orchid

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します