IMF:世界中央銀行へ仮想通貨の公平な規制を呼びかけ|年次総会でも仮想通貨が議題に

国際通貨基金のLagarde氏の主張
国際通貨基金専務理事であるLagarde氏は、最近の中央銀行の仮想通貨に対する過度の対応に疑問を抱き、現実的な脅威と杞憂を区別する必要性を主張し、より公平な視点を持つことが大切であると述べています。
仮想通貨規制の課題
Legarde氏は、IMFが仮想通貨規制の発展に貢献したいと考えている主旨を明らかにしました。そして、仮想通貨市場は急速な成長を遂げており、不正使用や消費者保護を優先する一方で、イノベーションの促進も必要であることを主張しています。

仮想通貨エコシステムは、国際通貨基金(以下、IMF)という予期せぬ後ろ盾を得ることとなりました。

IMFは、世界の中央銀行に対し、デジタル通貨を公平に扱うように呼びかけ、”実質的に存在する脅威と杞憂”を区別することを主張しました。

IMFは、仮想通貨規制発展への貢献を希望

国際通貨基金専務理事であるChristine Lagarde氏(以下、Lagarde氏)は、先日のブログ投稿で、インドや、パキスタンを含む、最近の中央銀行の仮想通貨に対する過度の対応に疑問を抱き、彼女のブログ投稿内容が仮想通貨を擁護するようなニュアンスを含んでいたことから、金融業界の多くの人々を驚かせました。

IMFは、189人ものアドバイスを始め、フォーラムでの議論や協賛を通じて、一貫性のある規制の発展に貢献したいと考え、以下のように主張しています。

政策立案者は、リスクを最小限に抑え、創造性のある過程を尊重する公平な規制の枠組み作成に向けて取り組んでいくべきです。」

1500以上ものデジタル通貨やトークンが存在している中、多くの金融規制機関はブロックチェーン技術の発展を願う一方で、中心的な金融機関の干渉なしに仮想通貨取引が行われていることに対し、危機感を抱いています。

ワシントンで行われるIMFの春の年次総会は今週に行われる予定で、仮想通貨市場の議題も含まれています。

Coinmarketcapによると、10327市場に跨る1568もの仮想通貨の時価総額は世界の外貨準備高の4.8%相当の$3000億(約32兆円)に達しています。

先週IMFのLagarde氏は、香港のSouth China Morning Postに対し、仮想通貨業界は、急速に成長しており、ボラティリティもあるため、利点も欠点も存在していると語っています。

まず第一に、デジタル通貨の不正使用及び、消費者の金融知識の欠如に付け込む行為に対しては対策が必要であると言えます。そして、第二に、デジタル分野においてのイノベーションは、研究され、促進されるべきでしょう。よって、保護的な観点を持ち、イノベーションを阻害しない枠組みは、コストの効率化に繋がると考えられています。

IMFが行った事前の評価によると、仮想通貨に関連づけられる資産の軌跡は未だ小規模であるため、短期的に見て国際的な金融システムに危険をもたらすことはないと結論づける一方で、リスクを拡大させ、経済危機の伝染を増加させる可能性も否定できないとしています。

さらに、仮想通貨は”迅速で安価な金融取引”を実現させ、分散型台帳技術は効率性も向上させると言及されています。

Lagarde氏は以下のように追加しました。

「警戒心を忘れてはいけません。私達は、仮想資産の効率的な監視を阻害する知識のギャップを埋めるため、迅速に行動しなければならないのです。体系的なリスク評価や継続的な政策の反応、そして投資家や消費者保護、市場の整合性を保つことが必要になってきます。」

今週、IMF Innovation Labは、分散型台帳技術、ブロックチェーンの成功応用例、仮想通貨の機会とリスクに関するセッションを行います。

IMF Says Central Banks Have Needless Fears About Cryptocurrencies

Apr 17, 2018 by RICARDO ESTEVES

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加