中華系取引所Huobiのグループ企業、香港SFCより仮想通貨ファンド運用の認可を取得

香港拠点のHuobi関連会社にファンド運営認可

中華系暗号資産(仮想通貨)取引所大手Huobiのグループ企業が、香港証券先物委員会(SFC)より、仮想通貨ファンド運用の認可を取得したことがわかった。香港を拠点とするHuobi Technology Holdingsの完全子会社Huobi Asset Management(以下、Huobi AMと表記)が運営するが、次の3種類の仮想通貨ファンド発売を予定しているという。

上記3種は仮想通貨のみに投資するファンドだが、10%を仮想通貨、90%を株式や債券に配分するマルチ資産ファンドも立ち上げる予定だという。

Huobi AMは、SFCの規制下にあり、既に「証券に関する助言」および「資産運用」の二つのカテゴリーで認可を受けていたが、投資運用対象資産の構成が仮想通貨100%となるファンドの運用には、さらなる承認が必要とされていた。今回、「仮想通貨に投資するポートフォリオ管理」の規定に準拠することを条件に、同社が仮想通貨のみのファンドを提供することが可能になった。

なお、今年1月に香港初のSFC承認事例となった仮想通貨ETF(Yibo Financialが運営)は、仮想通貨での資産運用比率が10%程度と言われている。

関連:香港で仮想通貨含む上場投資信託(ETF)が承認=Sina財経

プロ投資家向けを想定

Huobi AMのGillian Wu CEOは、同社が目指しているのは、プロ(適格)投資家が仮想通貨投資にアクセスするための、安全で信頼性の高い手段の確立であり、リスク許容度の異なる多様な選択肢を提供することだと述べた。

また、親会社Huobi Technologyの経営陣は、「今回の承認は、今年から始まる、主流機関投資家による仮想通貨の採用と一致しており、完璧なタイミングだ。」とコメントしている。

Huobi TechnologyおよびHuobi AMが、ファンドがプロ投資家向けであることを強調するのは、香港の仮想通貨に対する規制方針が大きく影響しているようだ。

現在の香港の取引所に対する認可は、日本やシンガポールとは異なっており、仮想通貨事業者に特化した認可制度は確立していない。昨年12月に仮想通貨関連事業者として認可を受け、香港初の事例となった「OSL取引所」は、機関投資家と適格投資家に限定したサービスを提供している。

関連:香港証取委が仮想通貨取引所ライセンス発行、ビットコインなどデジタル証券トークン化へ

また、昨年11月、香港の金融サービス・財務局(FSTB)は新たな仮想通貨規制案を発表したが、その規制案には、全ての仮想通貨取引所をSFCの監督下に置くと共に、仮想通貨取引を1億円相当のポートフォリオを持つ適格投資家のみに制限する点が盛り込まれている。

この規制案は、今年後半に香港立法評議会に提出される予定だという。

しかし、当該法案は香港住民の9割超を占める一般投資家を除外すると見られており、国際的な業界団体であるGlobal Digital Finance(GDF)は意見書を提出し、行き過ぎた制限に強い懸念を表明した。なお、Huobiは、米取引所最大手コインベースやブロックチェーン企業R3社とともにGDFを支援している。

関連:個人投資家の仮想通貨取引を制限する香港規制案に「待った」 業界団体GDFが懸念表明

アジア版グレースケールとなるか

中国の仮想通貨ジャーナリスト「Wu Blockchain」は、仮想通貨ベースの投資信託の提供で、米国の機関投資家による仮想通貨投資に大きな影響を与えたグレースケール社に言及。香港には規制の不確実性が存在するため、Huobi Technologyの仮想通貨ファンドが、短期的には大規模な「アジア版グレースケール」ファンドに発展することはないだろうとしながらも、アジアの富裕層や機関投資家の仮想通貨投資参入を促し得ると述べた。

同氏はまた、香港の金融インフラは比較的健全であるため、規制の確実性が高まり、市場が成熟していくにつれ、香港で「アジア版グレースケール」が育成される可能性もあると期待をのぞかせた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します