暗号資産デリバティブ取引所Bybit、ADA、DOT、UNIのUSDTペアを取り扱い開始

新たに3つの取引ペアを追加

 3月18日、暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所のBybitはADA、DOT、UNIのUSDTペア取引を提供することを発表した。先日のビットコイン先物契約(BTCUS0625)に続く新たなプロダクトが取引可能となる。

新たに追加されるのは、Cardano(ADA)、Polkadot(DOT)、Uniswap(UNI)の3つの銘柄とステーブルコインテザー(USDT)とのペアになる。既存のBTC/USDT、ETH/USDT、LINK/USDT、LTC/USDT、XTZ/USDT、BCH/USDTといった無期限の取引ペアで提供されるほか、インバースの無期限契約、先物契約にも加えられるという。

新規取引ペア:ADA/USDT、DOT/USDT、UNI/USDT

また、既存の取引ペアと同様に取引にレバレッジをかけることが可能で、最大25倍までレバレッジを設定することができる。

Ben Zhou CEOコメント

Bybit共同創業者兼CEOのBen Zhou氏から以下のコメントが寄せられた。

コインポスト)CardanoのADA、PolkadotのDOT、UniswapのUNIはいずれも市場の関心が集まっている。上記3通貨に対してどのような展望を見込んでいるか?

Ben Zhou氏)CardanoとPolkadotは、イーサリアムブロックチェーンの代わりになれるということを証明してきました。Uniswapは分散型金融(DeFi)において最も成功したプロトコルの一つであり続けています。

ADA、DOT、UNIといった、投資家の需要が非常に高い通貨を提供することで、Bybitは今後DeFi分野に参入していく予定です。非中央集権化に対する信念を持ち続け、投資家がワクワクするような事業展開を続けていけることを楽しみにしています。

著者:CoinPost編集部

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します