高速ブロックチェーンSolana、テザー(USDT)に対応開始

Solana版テザーが稼働

ステーブルコインのUSDT(テザー)が高速レイヤー1ブロックチェーンのSolana(ソラナ)で正式に稼働し始めたことがわかった。

テザー社が発表し、毎秒50,000以上のトランザクションを処理できる送金速度や、最低0.00001ドルという手数料の低さをアピール。イーサリアムのネットワークが混雑し、手数料が高騰する中、オルタナティブのUSDT送金手段はユーザーに求められる現状だ。

Solanaのほか、TronやAlgorand、OMGなどのブロックチェーンもUSDTに対応している。現在のテザー流通数が38,112,574,393 USDTに及び、その時価総額は4兆円を超えている。

出典:CoinGecko

Solanaに関して

Solanaはレイヤー1のブロックチェーンで、高速な処理速度を特徴とするプロジェクトだ。

処理速度の速さだけでなく、異なるチェーンの相互運用の仕組み(ブリッジ)も備える。また、Solanaのブロックチェーンを利用したDeFi関連の大型プロジェクトには、取引所FTXが関係するSerumやRaydium、Maps.meなどがあり、今もそのエコシステムを拡大し続けている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します