CoinPostで今最も読まれています

4/19(木)|仮想通貨全面高・時価総額は37兆円台まで回復

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市場
BTCは堅調に推移するもアルトコインの価格上昇が目立ち、時価総額8位のステラが13%価格を伸ばしている他、Monacoが韓国1位の取引所Bithumbでの上場が発表され1時間で100%の価格上昇を記録。時価総額は37兆円台まで回復しました。
日米株価市場
NY市場はIBMの決算発表などが重しとなり、軟調な動き。一方で東京市場では、日米首脳会談を無難に通過した事で、買い先行でスタート。一時日経平均は200円高となる場面もありました。今後、東京市場でも決算発表に注目が集まる事が予想されます。

仮想通貨市場

BTC/JPY(20時)まで堅調に推移しており、前日比で1.6%上昇し、88万3000円で推移しています。

また、本日もビットコイン以上にアルトコインの価格上昇が目立っており、時価総額8位のステラが13%価格を伸ばした他、仮想通貨デビットカードのプロジェクトを推進する仮想通貨「Monaco」が、韓国1位の取引所Bithumbでの上場が発表され、1時間で100%の価格上昇を記録しました。

CoinPostの関連記事

【前編】仮想通貨デビットカードのMONACO社に独占インタビューを実施
仮想通貨デビットカードプロジェクトを進めているMONACO社に独占インタビューを実施しました。日本の取引所、韓国の取引所に上場予定と発表し、話題を呼んでいる仮想通貨です。

これらアルトコインの力強い価格上昇の流れも作用し、時価総額も3500億USD(約35兆円)目前にまで迫り、日本円に置き換えた時価総額の推移では37兆円に到達しています。

このように仮想通貨市場全体に回復傾向が見られ、アルトコインの台頭が顕著に表れている状況ですが、市場全体の70%は主要5通貨に偏る状況となっています。

時価総額の規模も3500億USDとなっていますが、世界の債券市場の時価総額169兆ドル(1京8400兆円)や、株式市場の総額85兆USD(約9254兆円)と比較すると、仮想通貨の市場規模(約35兆円)は、まだまだ成長余地があることがわかります。

詳しくは以下の記事にて解説

仮想通貨時価総額の70%がBTC・ETH・XRP・BCH・LTCの5通貨で占める現状
仮想通貨の時価総額は3500億USD(約35兆円)目前まで迫り、2017年からアルトコインの時価総額が急騰している状況ではありますが、現在でもBTCを含む上位5通貨で、時価総額の約70%も占めている現状があります。

また本日のビットコインの価格推移は、順調にじわ上げをしている状態にはありますが、H&Sを形成するか、そのまま三角持合いを上に抜け、価格を上昇していくかの2通りのパターンがあると考えられます。

下落パターン

ビットコインの価格が下落し始めた場合、840,000円近くまで価格を注意深く見守るべきだと思います。

この価格を下回った場合、ショートポジションを取るべきだと読んでおり、その場合、しばらく下落相場が続く可能性も考えられます。

上昇パターン

画像にある黄色のラインがレジスタンスライン(910,000円付近)を表しており、このラインを抜けて940,000円付近に向け価格を上昇させていくと思われます。

数日中に大きな価格変動があるように見え、レジスタンスラインと右上に引いている反発ポイントが価格を抑えていると予想しています。

仮想通貨相場を盛り上げるためにレジスタンスラインを抜け、明確に100万円を越えてきた場合、再び本格的な”ブル相場”が到来する可能性も期待できます。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

最大手仮想通貨取引所コインチェックを傘下に収めた「マネックスグループ(8698)」が、じり下げのような形で7.49%安と続落。

場中に1.48億株をこなすなど依然として全上場銘柄首位の流動性を記録しているものの、短期チャートでは目先天井を示唆しており、このままひと相場を終えるのか、今後の材料や仮想通貨の盛り上がりに伴い、押し目として切り返すのか分水嶺です。

そのほかの関連銘柄では、「リミックスポイント(3825)」が10.24%高と急騰。「メタップス(6172)」が4.34%高となっています。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄の最新情報一覧は、以下の記事を参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

NY市場

  • NYダウ:24,748.07(-38.56)
  • NASDAQ:7,295.24(+14.14)
  • S&P500:2,708.64(+2.25)

日本時間18日明朝(米国時間17日)に引けたNY株式市場は、主要三指数高安まちまちとなりました。

前日に発表されたIBMの決算内容は利益率が悪化した内容で、IBMの株価が急落。それが悪材料になり、市場全体の重荷となりました。

しかし、企業業績への期待感は根強く、原油高を材料にNYダウは一時プラス圏に浮上する場面もありましたが、結局38ドル安で引けました。

個別では、キャタピラーが1.72%、ボーイングが1.27%の上昇をしたほか、モルガン・スタンレーが過去最高益となる決算を発表した一方で、目標株価が相次いで引き下げられたジョンソン・エンド・ジョンソンが2%を超える下落となりました。

シリア問題に関する懸念低下や、米朝首脳会談に向けた北朝鮮の緊張緩和などによる地政学リスクの後退や、米中の貿易摩擦懸念などの低下など、従来まで投資家が市場のリスクと捉えていた事象が薄れつつある事はプラスにあります。

再び上昇を取り戻せるか、まずは決算や企業業績に投資家の注目が集まっております。

東京市場

  • 日経平均:2,191.18(+32.98)
  • TOPIX:1,750.18(+0.51)
  • マザーズ:1,125.61(-10.26)

19日の東京市場は高安まちまち。

日本時間朝方に共同記者会見を行った日米首脳会談は貿易黒字に関する米国側の要求は想定内のものとなり、無難通過した事で買い先行スタート。

日経平均は一時200円を超える上昇の場面もありましたが、後半にかけて利益確定売りの動きから、結局32円高となりました。

本日の東証一部売買代金は2兆5927億円となり、個別では、京セラ、テルモ、住友金属鉱山などが日経平均を押し上げた一方で、ファナック、ファストリ、コナミなどが足を引っ張りました。

セ非鉄金属、鉄鋼、石油石炭製品、電気・ガス業、鉱業などの業種が買われました。

日米首脳会談を無難に通過した事で、これから本格化する企業の決算発表に注目が移っていく事が予想されます。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジを小会社化
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧