オンラインゲームに活路見出すライトニングネットワーク、ビットコイン決済普及の突破口なるか

ゲーム分野で活用進むライトニングネットワーク

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の送金速度の向上や少額決済対応を実現する、セカンドレイヤーソリューション、ライトニングネットワークのオンラインゲーム分野での活用が進んでいる模様だ。

ライトニングネットワークはビットコインのスケーリング問題を解消するために開発された「レイヤー2」プロトコル。仮想通貨のマイクロペイメント(少額決済)に特化している。

ライトニングネットワークの運用ノード数は20年8月から約480%増加して、先月時点では9167を記録した。またライトニングネットワークではノード運用者のみがチャンネル毎の本当の取引量を見ることができないため、実際の取引量は不透明な点が多いが、ネットワーク上でロックされたビットコイン額は21年2月時点では1,095BTC(約70億円)だった。

大手仮想通貨取引所OKExが発表したライトニングネットワークの現状調査レポートでは、インターネットがビデオゲームを大きく変革したように、ライトニングネットワークが、数十億ドル規模と言われるオンラインゲームやeスポーツ市場に、同等の変革をもたらそうとしていると指摘した。

特筆すべきは、ライトニングネットワークを利用することにより、ゲームアプリ内で通用するトークンを、高い流動性を持ち、実社会で取引されるビットコインに置き換えることを可能にしたことだ。ライトニングネットワークのゲーム開発を行う「Satoshi’s Games」の最高運営責任者、Carlos Borlado氏は、一見些細なことのように思われるこの変化こそ、パラダイムシフトを意味すると述べた。

ライトニングネットワークを利用した決済をサポートするゲームは増加している。

例えば、THNDR社が開発する「Bitcoin Bounce」は無料でプレイできる、シンプルなスクロールアクションゲームだが、ゲーマーは、毎日、最低10サトシ(ビットコインの最小単位、1BTC=1億サトシ)から最高1万サトシが当たる抽選に応募できるチケットが得られる。このような極端な少額決済が、わずかな手数料で瞬時に行えるのも、ライトニングネットワークを利用しているためだ。

Bitcoin Bounceは、今年1月の時点で10万ダウンロードを達成したという。THNDR社のJack Everitt氏は、ビットコインに馴染みのないゲーマーでも、ゲームを通じてビットコインを獲得することができるため、「ビットコイン普及の波はライトニングネットワークを通じて起きるだろう」と主張した。

ビットコインで報酬が支払われるeスポーツ

オンラインで対戦するeスポーツの世界でも、ライトニングネットワークが組み込まれたゲームが登場し、プレイヤーへのポイントの支払いに、ゲーム内のトークンではなく、ビットコインが提供され始めている。

実際にゲームからビットコインの引き出しを可能にしているのが、ZEBEDEE社が開発した「Infuse」だ。Infuseはライトニングネットワークを利用して、プレイヤーへの支払いを瞬時に行う決済用プラグイン。

ZEBEDEE社は、一からゲームを構築するのではなく、同時プレイヤー数100万人超を擁するオンラインゲーム「Counter-Strike: Global Offensive」にライトニングネットワークを導入した形をとっている。ユーザーはInfuseアプリをダウンロード後、Steamアカウントに接続。Infuseサーバーを選択することで、賞金にビットコインの支払いを受けることが可能になる。Infuseとライトニングゲームに特化したウォレットを使用する。

また、Infuseプラグインは、他のゲームにも導入できるため、ZEBEDEE社は人気ゲームのBattlefieldやCall of Duty、Dota 2、Minecraft、Rust、Team Fortress 2など、追加して欲しいタイトルのユーザー投票を行なっている。

また、ライトニングネットワークを搭載したeスポーツトーナメント、MintGoxもライトニングネットワークの普及に貢献している模様だ。MintGoxは、ZEBEDEEをはじめ、Mandel Studios、Donner Labsが参加しており、毎月開催されるイベント。もちろん賞金の支払いはビットコインで昨年12月のトーナメント賞金は0.1BTCだったという。初回は100人の視聴者、1000件に満たなかったトランザクションも、今では、6000人の視聴者と1万5000件のトランザクションがあるまで成長している。

ライトニングゲームの課題

一方、ビットコインを報酬として支払うことに関しては、課題もあるという。アプリ販売のApp StoreやGoogle Playのルールにより、現金やギフトカードのように、リアルな社会で通用する賞金については、制限が課せられる。また、ゲームで不正行為が発生する可能性も高くなることが懸念される。

しかし、ゲーム業界で分散型の少額決済システムの強力なユースケースが確立され始めていることは、ビットコインが普及するための一助となると考えられる。

Borlado氏は「2021年は、ビットコインゲームとライトニングがここ数年よりもはるかに注目を集めることになる」と希望をのぞかせた。

ゲーム以外の進展

オンラインゲーム以外でも、ライトニングネットワークの利用の輪が広がっている。2026年までに100兆円を超える規模になると予測されている世界の送金市場におけるユースケースだ。

米シカゴに拠点を置く、ライトニングネットワークのスタートアップ、Zapの決済アプリ「Strike」は、米ドルのみの対応から、ユーロ、英ポンド、スイスフランに対するサポートを開始した。さらに仮想通貨取引所Bittrex Globalとの提携で、オーストラリアドルとカナダドルへも対応する予定だという。

Strikeユーザーは、法定通貨で送金や支払いを行うが、ライトニングネットワーク技術で銀行口座から即時に引き落とされ、ビットコインに変換される。着金側も対応した法定通貨で受け取れるため、ユーザーがビットコインの使用を意識することはほとんどないという。

Strikeが対応する通貨を増やしていくにつれ、ライトニングネットワークの普及がグローバルレベルで促進されると考えられる。

著者:幸田直子
参考:OKEx

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します