CoinPostで今最も読まれています

NFLがNFT(非代替性トークン)などブロックチェーン構想を検討、選手のNFT発行事例も相次ぐ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米NFL、NFT戦略を検討中

米国で高い人気を誇るNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)がNFT(非代替トークン)やチケットのデジタル化などを含むブロックチェーン戦略を検討していることがわかった。米国のスポーツ系メディアSports Business JournalがNFL関係者のメモの内容を報じた。

NFLのチーフメディア兼ビジネスオフィサーのBrian Rolapp氏が17日に共有したノートによれば、NFLはデジタルコレクタブル戦略の構想を進めており、現在提携企業の候補らと「活発な議論」を行っているという。これを受け、個々のチームだけでブロックチェーン戦略を進めないよう喚起を促した。

NFLとしてのNFT(≒デジタルコレクタブル)戦略はリーグ全体としてのブロックチェーン戦略の一貫で、観戦チケットにおけるNFTの活用も図る。チケットにおける活用はNFLのIT部門が、コレクタブルとしてのNFTはメディア戦略部門などが担当する。

コンシューマープロダクト部門のJoe Ruggiero上級副社長(SVP)は「コレクタブルの価値は希少性から来るため、マーケットプレイスの発展を管理することは非常に重要」と述べ、リーグ全体で統一した戦略を採る姿勢が伺える。

NFLは米国の最高峰のアメリカン・フットボール(アメフト)のプロリーグ。野球(MLB)やバスケットボール(NBA)、アイスホッケー(NHL)などとともに長らく米国の4大スポーツの一角を担っており、ロイターの報道では、2020年におけるリーグ全体の収益は120億ドル(1.3兆円)を記録した。

MLBなど他のプロスポーツのリーグ体制と違い、NFLではテレビの放映権などのリーグ収益が各チーム(全米で32チーム)に分配される独自の仕組みを採用している。

NFL選手が個人でNFT販売する事例が相次ぐ

チームをはじめとするリーグ全体では「初期の領域で長期的な視点」を持った上で「慎重で熟考されたアプローチ」をとる姿勢を示しているが、3月に入りNFL選手が個人レベルでNFTを発行する事例が目立つ。

先月9日に行われた第55回スーパーボウルで18年ぶりにのチャンピオンに輝いたタンパベイ・バッカニアーズのタイトエンド(TE)Rob Gronkowski選手も自身のNFTの初期セールを実施し、総額2億円のNFTが完売していた。

またカンザスシティ・チーフスのQBであるPatrick Mahomes選手も17日、NFTマーケットプレイスの「MakersPlace」を通じて自身のNFTオークションを実施。落札金額の一部は青少年に放課後のプログラムを提供する米NPOの「Boys&Girls Clubs of America」と自身の手がける「15 and the Mahomies」財団に寄付される。

Mahomes選手は20年7月にチーフスと総額4億5,000万ドル(約490億円)、最大で5億300万ドルの10年契約を結んだスター選手だ。

米プロスポーツではNBAが一歩先か

米国の「BIG4」と呼ばれるプロスポーツの間では、CryptoKittiesなどを手がけた、アメリカのNBAを用いたNFT「NBA Top Shot」は20年秋から人気が急上昇。過去3ヶ月間のNFTの週間取引量を見るとNBA Top Shotが大半を占めており、人気の高さが伺える。(データ提供:The Block)

ファントークンを発行してきたブロックチェーン企業Chilizも3月上旬に米オフィスの設立を発表。米国の5大スポーツ(NBA、NFL、MLB、NHLとMLS)における市場拡大や、NFT発行を示唆したことが注目を集め、ユーティリティトークンの仮想通貨チリーズ(CHZ)は5800%の年初来騰落率を記録している。

2月下旬からNFTに対する注目度は一段と高まっており、今後もプロスポーツの領域におけるNFTの進展は注目に値する分野となりそうだ。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア