再び強まるビットコインへの売り圧力、逆行高のTHETAは年初来5倍で時価総額11位に浮上

ビットコイン相場

23日の暗号資産(仮想通貨)市場。

ビットコイン(BTC)価格は、前日比-3.43%の599万円(55,000ドル)と続落。一時600万円台を割り込んだ。

債券・為替・株式市場の地合い悪化も嫌気され、心理的節目である6万ドルの戻り高値で二番天井を付ける形となった。 直近安値の5万3千ドル台で下げ止まっており、耐えきれば大幅反発もあり得るが、際どい局面だ。

一部では、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が、厳しい見方を示したことも向かい風となったとの指摘もある。 パウエル議長は22日、国際決済銀行(BIS)のオンラインサミットにて「仮想通貨が金融の安定を脅かすと考えているか」との問いに対し、「仮想通貨は価格変動が大きく、価値の裏付けはない。支払い手段として利用できる通貨でもない、投機対象の資産である」などとコメントした。

とはいえ、このような各国の要職発言は過去何年も繰り返されてきた共通認識にすぎない。金融当局の立場からすれば、ビットコインやリブラなどの性質を全面的に容認するとは考えがたく、想定の範囲内の回答と言えるだろう。

為替市場では昨日、トルコのエルドアン大統領が中央銀行総裁を解任した件を受け法定通貨リラが約10%急落。1ドル=8リラ台前半を付けたことで警戒感が広がっていた。

一方、同国での「ビットコイン」Google検索数が4倍に急増。リラ建てのビットコインプレミアム価格は、大きく上方乖離した。

詳細:トルコで急拡大した「ビットコイン需要」 自国通貨リラ急落が背景か

アノマリー的に見ても例年3月は軟調なことが多い。足元では、ビットコインの売りが過熱しており買い場を探る動きが散見されるものの、中期トレンド転換の可能性を含め、様子見基調が強まりそうだ。

個別銘柄の動向

個別銘柄では、XRP価格が一時65円まで続伸した。

イギリス、オランダ、オーストラリアでは、XRPの再上場を呼びかけるTwitterタグ「#Rel​​istXRP」がトップトレンド入りするなど、TechCrunchの創設者Michael Arrington(@arrington)氏らが主導する海外の一部コミュニティ活性化が追い風となったと見られる。

XRP保有者向けにエアドロップされるFlare NetworkのSpark(FLR)思惑なども指摘される一方、米国の上場廃止事例などの影響で流動性が低下し一層乱高下しやすくなっているほか、裁判自体も長期化リスクが想定される点には留意したい。

関連:米SECが提訴したリップル社裁判の進展と今後のスケジュールまとめ

Theta Token(THETA)も前週比+15%と大幅続伸した。数多くの仮想通貨が下落する中、過去最高値の10.7ドルに達し、年初来5倍まで高騰。時価総額では、Stellar(XLM)とBitcoin Cash(BCH)を超え、11位にランクインしている。

動画の配信プラットフォームで動画ストリーミングに特化するTheta Networkは9日、LINEブロックチェーン上で日本ユーザー向けにコンテンツサービスの提供開始を発表しており、これが材料視された。

関連:LINEの仮想通貨LINK(LN)、Theta NetworkのdApps活用でトークン取得可能に

また今年2月には、米グレースケールがTheta Token(THETA)の投資信託の提供計画を立てていることが判明した。米国務省の公式サイトにて登録情報が確認された。

出典:米国務省HP

グレースケール側は、投資信託の留保に関する書類提出について、「必ずしもプロダクトの提供を意味するわけではない」と説明。現時点では検討段階としている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します