米SEC:イーサリアムを有価証券として扱うことを検討か

SEC、イーサリアムを証券へ分類することを検討
SECの規制当局では現在、イーサを含めた仮想通貨を有価証券のカテゴリに分類するべきか協議が行われているとのことです。The DAO事件を皮切りに、SECではICOにより発行されたトークンを証券として扱うべきか、長らく議論が行われています。
VC主導の団体がSECにガイドラインを提案
多くのVC、投資家が、イーサを含めた仮想通貨が証券としてカテゴライズされることに反対の意を示しております。シリコンバレーのVCであるAndreessen Horowitz社が主導となり投資家や法専門家を含めたグループが結成され、SECと対話が行われました。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

イーサリアムは有価証券か

多くのベンチャーキャピタル・スタートアップが、イーサを含めた仮想通貨が”セキュリティ(有価証券)“としてカテゴライズされることに反対の意を示しており、ロビー活動を行っています。

19日、NewYork Timesが報じました。

関係者によると、SECの規制当局では現在、イーサを含めた仮想通貨を有価証券のカテゴリに分類するべきか協議が行われているとのことです。

イーサが証券としての扱いを受けることで、非中央集権的な運用が促されてきた仮想通貨の優位性が大きく揺らぐこととなり、その価格にも多大な影響を及ぼしかねないでしょう。

こうした動きに対し、シリコンバレーを拠点とするベンチャーキャピタルのAndreessen Horowitz社が主導となり投資家や法専門家を含めたグループが結成され、SECとの対話が3月下旬に行われました。

彼らは証券として扱われ得る通貨に対してガイドラインの制定を求め、条件を満たす仮想通貨を連邦証券法の適用外とするよう働きかけました。

彼らは、使用用途が明確なトークン、仮想通貨については証券ではなく「ユーティリティートークン」として分類されるべきだ、と提案しました。

今までに多くの仮想通貨がICOによって発行され、資金調達としてトークンが販売されてきましたが、その多くは、サービスの利用料や、料金の支払い手段など特定の用途をもち、単に投資商品、証券として扱われるべきではないと彼らは主張しています。

SECが80社に上る仮想通貨関連企業を召喚|証券取引法の適応も焦点
SECが仮想通貨市場の動向を追う為、80社にも上る仮想通貨関連企業を召喚しました。召喚状が送られた80社の中には、TechCrunchによって設立された仮想通貨ファンドも調査の対象となっています。

ICOトークンに対するSECの見解

一方で、SECの委員長を務めるJay Clayton氏は、ほぼ全てのトークンがICOによって発行されており、有価証券として規制するべきだという姿勢を貫いています。

証券に投資が行われる場合、一般的には規制当局による承認が必要であり、管理下に置かれた証券取引所でのみ売買が行われます。

もちろん、仮想通貨の売買を認めている証券取引所は現在一つもありません

イーサは「有価証券」か?

ビットコインは、当初からICO、プレセールのような資金調達を行うことなく、通貨の発行元となる管理機関が存在しないため、証券としては取り扱えない、というのが投資家の共通認識であるようです。

ビットコインと同様な成り立ちを辿ってきた通貨、例えばライトコイン、モネロなどについても、同様に証券の枠組みには当てはめられないと考えられています。

しかし、イーサリアムの場合は、その通貨であるイーサがプレセールという形で販売され、資金調達が行われた経緯があります。

イーサのプレセールは2014年8月に実施され、Ethereum Foundationは当時価格で1800万ドル相当のビットコインを資金調達しています。

当グループは、イーサが現在多種多様な用途に使われている現状を鑑み、さらに非中央集権的な性質を強めていることから、証券として扱うべきではないと述べています。

また彼らは、SECへの提案内で、「十分な機能を有する場合」、もしくは「十分に非中央集権化的な性質を有する場合」について、その通貨を証券として扱わないよう求めました。

この提案では、コンピュータのネットワーク上である特定の役割を果たし、単なる投機に終始しない場合に、トークンが最大限に機能すると考えられています。

2016年のThe DAO事件に対する調査にはじまり、長らく議論が続けられてきた仮想通貨の取り扱い方について、SECはその線引きに尽力しています。

香港SFC:有価証券に該当する仮想通貨に関して七つの取引所に警告/上場廃止の恐れも
香港証券先物事務監察委員会(SFC)は、有価証券と捉えられる仮想通貨がそれぞれのプラットフォームで(ライセンスなしに)取引がされていることを7つの仮想通貨取引所に忠告、その危険性を警告する文書を送ったことを明らかにしました。
「仮想通貨はコモディティ(商品)」CFCTの判例が示す仮想通貨規制の道筋
ニューヨーク東部地区連邦裁判所のJack Weinstein判事は、仮想通貨はコモディティ(商品)であると定義し、米商品先物取引委員会 (CFTC)が、仮想通貨を商品として規制をかけることができるとの判断を下しました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用