コインチェック、NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を提供開始

「Coincheck NFT(β版)」リリース

コインチェック株式会社は24日、ブロックチェーン上のデジタルアイテムであるNFT(非代替性トークン)を取引するマーケットプレイス「Coincheck NFT」を提供開始した。

まずはβ版のローンチで、コインチェックで取り扱われている13種類の暗号資産(仮想通貨)を使用してNFTの取引ができる。

サービスの概要

出典:プレスリリース

コインチェックは同サービスについて、NFTの取引においてイーサリアムのエコシステム内で問題となっているガス代(ネットワーク手数料)の高騰や取引の煩雑さなどの課題解決を目指したNFTマーケットプレイスであるとし、次のように説明している。

暗号資産取引サービスと一体型となった国内初のサービスであり、Coincheckの口座をお持ちの方であれば、どなたでもワンストップでNFTの出品・購入・保管ができます。

コインチェックで口座を開設し、対象となるビットコイン(BTC)やイーサリアムなどの仮想通貨を預けていれば誰でも手軽にNFTの取引が可能であると強調。

また、NFTはブロックチェーン外のオフチェーン状態で売買できるため、売買におけるネットワーク手数料は無料。イーサリアムとERC20トークン用のウェブウォレット「MetaMask」から入庫したり対応ウォレットに出庫したりすることも可能だ。

現状、日本最大級のブロックチェーンゲーム「CryptoSpells」や世界的に人気となっている「The Sandbox」で利用可能なNFTを取り扱っており、今後はゲームだけでなく、アートやスポーツなど幅広い分野に拡大していく予定であるとしている。

詳細

出典:プレスリリース

NFTとは

NFTは、Non Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略称で、固有の価値を証明できるデジタルアイテムのこと。

最近では、ブロックチェーンゲームのアイテムの交換などに用いられるのみならず、アート作品の所有権の証明や、スポーツクラブのファンコミュニティ形成の手段などとして注目を集めている。

NFTの市場規模は、デジタル資産が高額売買されるなど急拡大している。

17日には国内最大手のゲーム企業であるスクウェア・エニックスにより、自社IPなどを利用したNFTデジタルシールの販売・システム開発で、ブロックチェーン技術を用いたアプリケーション開発を行うdouble jump.tokyo株式会社と協業することが発表された。

スクエニの事業担当者は、「今回、当社のIPを活用したNFTデジタルアセットの開発に着手することができ、デジタルアセットの新しい価値の創造と未来に貢献できれば」などと抱負を述べた。

関連:コインチェック、仮想通貨13種類で決済可能なNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を24日より提供開始

著者:T.Kobayashi
参考:コインチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します