CoinPostで今最も読まれています

ヴィタリック氏、NFTに社会的価値を持たせる二つのアイデア提案

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「社会的に意義あるNFTの作成も可能」

暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの共同創設者Vitalik Buterin氏が、NFT(非代替性トークン)の価値について公式ブログで意見している。「すでに裕福な著名人」がさらにお金を稼ぐために使うのではなく、より社会的価値の高い方向性を持つNFTを作成していくことが可能だとした。

この背景には、最近のNFT分野の隆盛がある。NFT(非代替性トークン)とは、各トークンが分割不可能で固有の価値を持つトークンのこと。ゲーム内アイテムやデジタルアート、アイドルやスポーツ選手のデジタルカードなどの形で流通を始めている。

関連非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

先日、デジタルアーティストBeepleの作品が世界的オークションハウス「クリスティーズ」において約75億円(ETH)という高額で落札されたことも話題を呼んだ。(のちに現金化)

また、Twitter社のCEO、Jack Dorsey氏がプラットフォームで一番最初に投稿されたツイートをNFT化し、約3.1億円で落札された事例もある。

NFTは、現在イーサリアムによって構築される事例が多数を占めており、そのこともあってButerin氏はブログのトピックに取り上げたとみられる。

Buterin氏は、イーサリアムの外部で生成された何か価値あるものによって、公共の財産を支援することができれば、イーサリアムのエコシステム自体を超えた意義を持つと主張。これを可能にするのがNFTであり、NFTは、多くの種類の公共財産、特にクリエイティブなものが、慢性的に資金不足に悩まされている状況を改善することに役立つ可能性があるとした。

また、NFTは社会に大きなチャンスを提供するものだが、同時に課題も抱えていると説明。「NFTが、すでに裕福なセレブリティを中心としたカジノになってしまうのであれば、それは非常につまらなくなるだろう」と述べ、もっと意義のある方向に持って行くこともできると論じた。

2つのアイデア

Buterin氏によれば、NFTの主要な価値は、(一)そのNFTを持っていることを誇れること、所有権を自慢できること、(二)将来他の人に売却できる可能性があることの二つである。

このためには購入したNFTの価値が、他の人からも正当だと認められることが非常に重要だという。そして、アーティストやチャリティ団体などへ資金を提供する道を開くことに人々が価値を見出すようにできれば、NFTは社会的意義を持てるという趣旨で議論を続けた。

Buterin氏は、そうしたNFTプロジェクトのアイデアを二つ挙げている。

まず、収益の一部を慈善活動に使うことを保証しつつ、NFTを発行することだ。そうすると世界の貧困救済、科学研究、創造的な芸術、ローカルジャーナリズム、オープンソースソフトウェアの開発など、様々な活動を支援することができるようになる。

もう一つのアイデアは、ソーシャルメディアと連携して、NFTを人々のプロフィールに表示することだ。NFT購入者が、自分の稼いだお金を、自分の信じる価値に実際に捧げたことを示すことが可能となる。これにより、社会的に価値のある活動に貢献するNFTに、ユーザーの注目を集めることにも繋がるという。

NFTに対する認知度は、現在急速に高まりつつある状況だ。コインチェックやCrypto.comなどがNFTのプラットフォームやマーケットプレイスを立ち上げており、独自のNFTを発行する団体や個人も相次いでいる。(GoogleTrends)

この先Buterin氏が議論するような公共の価値とも結びつくNFTが増えれば、NFTに対する社会の評価をより高めていける可能性もありそうだ。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/27 金曜日
18:00
DEA、法定通貨でのNFT購入が可能に
ブロックチェーンゲームを展開するDEAは、NFTマーケットプレイスで法定通貨による決済を導入すると発表。株式会社イオレとの提携により新たなゲームプレイヤーの拡大も目指す。
17:51
BuzzFeed株急騰、OpenAIのコンテンツ強化策で
BuzzFeedの株価高騰 米デジタルメディア企業BuzzFeedが米OpenAIのAI(人工知能)技術を使ったコンテンツ提供を計画しているとの報道を受けて、同社の株価(BZF…
14:00
イーサリアムのL2、Optimism(OP)が過去最高値を更新
イーサリアムのL2ネットワークOptimismの仮想通貨OPは26日に過去最高値をつけた。同ネットワーク上の1日の取引量は1月12日に過去最高の80万件に急騰した。
13:13
ビットコイン高値圏で揉み合う、未実現損益(NUPL)にシグナルの変化も
暗号資産(仮想通貨)市場では高騰で過熱感のあった一部アルトコインが反落、ビットコインも上値を重くした。全体のトレンドでは大底圏を示していた未実現損益(NUPL)に変化の兆しも見られる。
13:10
Web3財団、「ポルカドット(DOT)は証券ではなくなった」
ポルカドット・プロトコルの開発・推進を行うWeb3 Foundationは、3年に及ぶ米証券取引委員会との積極的な関与を経て、ネイティブトークンDOTはもはや証券ではなく、調整用のソフトウェアであると主張している。
11:45
FTX「債権者マトリクス」が公開
破綻した仮想通貨取引所FTXの債権者に関する情報が公開された。116ページの債権者マトリクスにアマゾンやゴールドマンサックスなど、有名企業や銀行、有名スポーツ選手名が並び、注目を集めている。
10:20
オランダ中銀、コインベースに4.7億円の罰金
オランダの中央銀行は、仮想通貨取引所コインベースが過去にライセンス登録せずサービスを提供していたとして、約4.7億円の罰金を科した。
09:45
アマゾン、新たなWeb3事業を開始か
アマゾンが新しいデジタル資産事業を開始する可能性が浮上。NFTやブロックチェーンゲームなどに関連したWeb3事業を行う計画だと、仮想通貨メディアBlockworksが報じている。
08:30
gumiなど、Sui基盤のウォレットの5.4億円資金調達を主導
gumiの仮想通貨VC「gumi Cryptos Capital」などはSuiブロックチェーン基盤のウォレット『Ethos Wallet』のシードラウンドを主導した。調達金額は5.4億円だった。
07:55
ムーディーズ、ステーブルコインの評価システムを開発か
格付け会社ムーディーズは、仮想通貨ステーブルコインの評価システムを開発していることがわかった。ブルームバーグの情報筋が、開発の現状や評価付けの概要を説明している。
07:20
NYダウ5日続伸 強い米GDPも景気鈍化の兆しか|27日
本日のニューヨークダウは5日続伸。GDPが予想よりも速いペースで増加した結果、マイルドな景気後退への期待は高まった。ビットコインは23,000ドル台を維持している。
01/26 木曜日
16:34
2023年のビットコインマイナーの売り圧力は? Galaxy Digitalが分析
米大手仮想通貨投資企業Galaxy Digital社は、2022年末のマイニング産業の分析レポートを発行した。資金調達手段の限られた多くのマイナーがサバイバルモードにあり、2024年のビットコイン半減期までは継続すると見られている。
12:37
米サークル社がSECを非難「SPAC株式上場計画の頓挫に責任あり」
ステーブルコイン「USDC」を運営する米サークル社は、特別目的買収会社を通じた株式市場への上場計画が頓挫したのは、米証券取引委員会の不作為によるものだとして、規制当局を非難した。
12:32
Lido、イーサリアム出金方法を投票へ
リキッドステーキングプロトコルLido Financeで、仮想通貨イーサリアムの出金方法に関する提案書が提出された。LidoはETHのステーキングサービスのトップシェアを占める。
12:07
ビットコイン調整入りせず続伸、APTは前週比137%高と高騰
米金利引き上げペースの鈍化予想と堅調な米株指数に支えられ、ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)相場は調整入りを否定して続伸した。アルト相場ではAptos(APT)が高騰したほか、金融市場ではゴールド価格も大幅高となっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア