バイナンス、FATFの元幹部2名を「規制アドバイザー」に

バイナンスがFATFの元幹部を雇用

大手暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するバイナンスは25日、コンプライアンスおよび規制のアドバイザーとして、金融活動作業部会(FATF)の元幹部2名を雇用したことを発表した。

マネーロンダリング対策(AML)とテロ資金供与対策(CFT)を強化し、世界の規制機関や法執行機関との関係をより強固にする狙いだ。

バイナンスは仮想通貨関連サービスを拡充させながら、規制遵守の体制も強化している。11日には米上院の元民主党議員Max Baucus氏をアドバイザーとして雇用したことを発表し、米国での規制強化を担当することを明かした。これまでグローバルな分散型企業と称して運営して来たバイナンスだが、各国の規制対応も強化する意向を示している。

関連仮想通貨取引所バイナンス、米国の元議員を規制アドバイザーに起用

今回雇用されたRick McDonell氏とJosée Nadeau氏には、AML・CFTとベストプラクティスの強化を担当し、規制政策の指導を行うなど、グローバルなサポートを求める。両氏は過去に、各国政府や仮想通貨業界の組織に加え、国際通貨基金(IMF)、経済協力開発機構(OECD)、世界貿易機関(WTO)、国連薬物犯罪事務所(UNDOC)といった国際的な機関と協業した経験を持つ。

McDonell氏とNadeau氏は今回の発表に際し、連名で以下のようにコメントを寄せた。

 

仮想通貨とブロックチェーンは広く普及が進んでおり、従来の金融機関もサービスを提供するようになってきた。

 

このような新しい技術は、人や組織がお金を管理する方法を変革する可能性を持っている。

   

我々は業界最大手企業のバイナンスで、世界基準のコンプライアンス対策やリスク管理が行えるように協力できることを嬉しく思っている。

バイナンスのChangpeng Zhao最高経営責任者(通称:CZ)は、「両氏には国際的なAML・CFT政策を実行するために、戦略的な指導を行ってくれることを期待している。重要な国際機関との業務経験は、バイナンスのチームに大きな価値をもたらしてくれるだろう」と説明。「これからもバイナンスと仮想通貨業界を、持続可能な方法で成長させていきたい」とした。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します