仮想通貨(暗号資産)取引所Phemex、OTCサービスを提供開始

仮想通貨OTCサービスを提供開始へ

暗号資産(仮想通貨)取引所Phemexは、Legend Tradingとの提携により、新たにOTCサービスを提供開始すると発表した。

既に提供されているクレジットカードでの仮想通貨購入サービスに加え、新たな取引方法の選択肢になるとしている。

OTCとは「Over The Counter」を略したもので、店頭取引や相対取引と訳される場合もある。

一般に大口取引を対象としており、取引所や市場を介さずに売り手と買い手が直接取引を行うことが特徴だ。

直接取引を行うため、市場に影響を与えず、また影響を受けないという点から利用されている。

PhemexはOTCサービスの提供にあたってLegend Tradingと提携、同社はMoney Sevices Business(MSB)のライセンスを持っており、ユーザーは米ドルでの銀行振込によって暗号資産(仮想通貨)を購入することが可能になる。

個人でOTC取引を行う場合、対価が支払われないなどの詐欺にあう可能性もあるが、取引所を介すことでより簡単かつ安全にOTC取引を行うことができる。

OTCサービスを利用するためには、KYCを済ませ、OTCアカウントを開設する必要がある。ホームページによると、日本もサービスの対象地域に含まれているとのことだ。

著者:CoinPost編集部

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します