ネム(XEM)を含むアルト5銘柄、仮想通貨取引所FTXで取引開始

ネム等のアルト5銘柄が取引開始

大手グローバル暗号資産(仮想通貨)取引所FTXが6日、ネム(XEM)を含む5銘柄の仮想通貨取引を開始した。

新たに取扱う銘柄は、ネム(XEM)、AXS、HUM、DAWN、STXの5つ。AXS、HUM、DAWNでは現物と無期限先物契約、XEMとSTXは無期限先物契約のみ対応する。

AXSはNFTゲーム「Axie Infinity」のネイティブトークン。HUMは、Humanscapeという「分散型患者コミュニティ」で利用されるネットワークのトークン。DAWNはDawn ProtocolというEスポーツ系のアセット。そしてSTXはStacks Systemというビットコイン(BTC)向けdAppsの構築プラットフォームにおけるトークンになる。

なお、FTXはネムの新ブロックチェーンSymbolのネイティブトークン『XYM』の取扱いについては発表していないが、このタイミングでのXEM取引の対応を受け、一部のユーザーからは期待感が高まっている。Symbolは今年の3月17日に正式にローンチし、現在NFTなどさまざまな新規開発が行われている。

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します