CoinPostで今最も読まれています

PayPal創業者、デジタル通貨戦略で先行する中国に警戒感

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

中国とBTC

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン決済を導入した送金大手PayPal(ペイパル)の創業者Peter Thiel氏は7日、中国政府がビットコイン(BTC)などデジタル通貨について、米ドルの覇権を脅かすある種の金融兵器として捉えている可能性があるとの見方を示した。

米保守派の非営利団体「リチャードニクソン財団」が主催したカンファレンスで、トランプ政権の元官僚らと米中関係について語った内容の一部で言及した。

大手送金アプリ「PayPal」の創業者であるThiel氏は、数多くのスタートアップ立ち上げを経験した著名ベンチャーキャピタリストだ。ビットコインを筆頭に、仮想通貨支持派として知られる一方、政治献金も活発に行っており、2016年からトランプ政権を支持してきた。

中国の仮想通貨戦略

Thiel氏は、「ビットコイン推進派」であると前置きをしつつ、仮想通貨の台頭は、米ドルの地位を揺るがしかねないと考えており、中国はビットコインが米ドルの世界的地位を脅かすことを望んでいる可能性があるとの見解を示した。

その上で、「仮想通貨取引を禁じる中国は、米ドルの地位を相対的に弱めるビットコインを概念的には推したがっているようにも見受けられる。政治活用が想定されるビットコインなどデジタル通貨戦略について、米政府はもっと真剣に考慮すべきだと述べた。

一方Thiel氏は、中国は自国の法定通貨である「人民元」について、世界の準備通貨である米ドルの地位を狙ってないと語り、中国は資本口座情報の開示を避けたがる傾向にあるとした。

また、実証実験の進む「デジタル人民元」については、「全体主義的な(人民の金融活動を)測定するための手段」と例え、こちらも世界的な流通は狙っていないだろうとの見解を示した。

中国人民銀行(中央銀行に相当)の周小川元総裁は「リブラと異なり、既存の法定通貨を塗り替えるような野心はない」との立場を強調している。

関連:中国人民銀行元総裁「デジタル人民元は、国際通貨制度を脅かすものではない」

米国の仮想通貨規制

Thiel氏のように、米国の仮想通貨規制が遅れていると捉える見方は少なくない。

XRP(リップル)販売が「未登録有価証券」にあたるかどうかを巡り、米SEC(証券取引委員会)から提訴を受けるリップル社のBrad Garlinghouse CEOは、昨秋から米国と中国の差について警鐘を鳴らしていた。

関連:米リップル社が国外移転を検討する背景=FOX Business

Garlinghouse氏は20年10月、米ニュース番組FOXに出演した際、次世代型の金融インフラの構築において「中国は世界を牽引しており、各国は遅れをとっている」と発言した。

また米政府間で「仮想通貨の定義」について明確な規制がない点が、米国における(仮想通貨・ブロックチェーン業界の)イノベーションを妨げているとの見解を示したほか、20年12月にSECから提訴された件については、米政府の不透明なスタンスが「重大な影響を及ぼした」と非難している。

背景には、政府や規制当局の理解が十分進んでいない仮想通貨業界に対する認識と不明瞭な定義がある。6日に行われた最新の裁判審議では、「ビットコインやイーサリアムは有価証券ではない」とするSEC判断の根拠について、「証拠開示手続き」の請求が裁判官に許可された。

関連:リップル訴訟に進展、裁判官がSEC(米証券取引委員会)に証拠開示手続きを要求

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。
10:00
プーチン大統領、仮想通貨の必要性を語る
ロシアのプーチン大統領は、デジタル通貨と分散型台帳の技術を使用した、新たな国際決済ネットワークの必要性を呼びかけた。ロシアは仮想通貨などデジタル資産の環境整備を進めている。
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧