米ナスダック、コインベース株(COIN)のオプション取引提供へ

COINのオプション取引

米大手証券取引所Nasdaq(ナスダック)が、株式上場した暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースのオプション取引を提供開始する予定であることがわかった。

4月15日に上場したコインベースの株式は「COIN」というティッカーシンボルで、ナスダック市場で取引されている。オプション取引の開始予定日は米時間4月20日を予定する。

コインベースは、米国初の仮想通貨取引所上場事例として関心を集めた。

コインベース役員の売り分

COINは上場初値が381ドルで、一時428.9ドルまで高騰したが、後に反落し現在その初値を下回った333ドルで推移。一部のメディアは、コインベースの役員がCOINの上場直後に保有株を大量売却がCOIN失速要因だと指摘した。

出典:Tradingview

しかし、The BlockがSECで開示された書類などを基に算出した数値によれば、16日付けでは、Brian Armstrong CEOは保有分の2%、Alesia Haas CFOは15%、Emilie Choi COOは24%、Jennifer Jones CAO(会計主任)は役員最多の38%を売却したとされ、一部メディアの認識と乖離も見受けられる。

今回、コインベースが実施した「直接上場(ダイレクトリスティング)」という仕組みは、従来のIPOのように一部の金融機関が株式の引受人となるものではなく、仲介企業が存在しない代わりにロックアップも掛かっておらず、取引流動性を確保するための売却にあたる。

同社の法律顧問を務めるPaul Grewel氏は、メジャーでない直接上場に関して一般投資家による誤解が多い点を踏まえ、SNSでそのメカニズムなどを解説。「直接上場が円滑に進むためには、最大のシェアホルダーらが最低限の株式を得る必要がある。すなわちコインベースの役員であり、上場当日の売却がそれに該当する」とした。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します