Nervosと中国招銀国際金融、DeFiやNFT市場見据えた54億円規模のブロックチェーンファンド立ち上げ

中国大手銀行などが出資へ

中国大手の招商銀行傘下である招商国際金融(CMB International)は、ブロックチェーン企業Nervos(ネルボス)と提携し、54億円(5,000万ドル)規模のブロックチェーンベンチャーファンド「InNervation」を立ち上げたことを発表した。

InNervationの投資先は、dAppsDeFiプロトコル、NFTマーケットプレイス、ブロックチェーンプラットフォームなどのグローバルプロジェクトが中心となる。主にNervosのネットワークで構築されたものやNervosを統合する予定のあるものに特化するという。

今後3年間、平均2,000万円〜2億円で出資を行い、Nervos関連のツールやフレームワークなどへのアクセスも提供するとしている。

招商国際金融は富裕層資産マネージメントを運営する企業であり、2019年6月のデータでは運用資産総額37兆円に達する。Nervosは中国発のレイヤー1ネットワークで、ネイティブトークン「CKB」を利用。DeFiやNFTなどの新興分野で活用されている。

招商国際金融はブロックチェーンテクノロジーの早期採用者として、過去にCKBに投資した経緯があり、Nervos以外にも、DeFiプラットフォームdForce Networkや仮想通貨ウォレットBitpieもポートフォリオにあるという。

著者:菊谷ルイス
参考:Nervos

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します