イーロン・マスクのネガティブな示唆、揺さぶられるビットコイン市場

ビットコイン相場と金融マーケット

4日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン(BTC)価格は、前日比+1.5%の416万円(37,700ドル)で推移している。

ビットコインは、3日夕方にかけて三角保ち合いのペナントをブレイクアウト(①)。上値追いする場面があったが、心理的節目の4万ドル手前の39,500ドルで失速した。抵抗帯となっている40,000〜42,000ドルのレジスタンスラインを抜ければ相場の雰囲気が一変する可能性もあるが、米雇用統計発表を控える株式市場を含め、難しい局面であることから慎重な見方も根強い。

4日10:07には、米電気自動車大手のイーロン・マスクCEOによるネガティブツイートが拡散され一時1,000ドル以上急落した。ここ数日は反発基調にあったが、テクニカル的にも水を差された格好と言える。

BTC/USD分足

一部歌詞を引用した「In The End」は、米人気ロックバンド「リンキン・パーク」の代表曲の一つだ。同曲は、大切な人との別れや恋人との破局を連想するものとなっている。

「(努力を裏切られ、気持ちのすれ違いから)最後には何もかもどうでもよくなってしまう」という冷え切った関係性を表現していること、ビットコインアイコンと割れたハートマークが愛情や信頼からの離反を意味することから、テスラの保有するビットコイン売却示唆を含め、市場に嫌気されたものと見られる。

イーロン・マスク氏は今年2月以降、テスラ社のビットコイン購入とビットコイン決済導入を明かしたことで、仮想通貨市場の高騰を後押ししたが、5月13日にビットコイン決済の受け入れ停止を突如発表。株式市場のリスクオフや高騰していた仮想通貨市場トレンド転換のタイミングも重なり、市場の動揺を招いて暴落のトリガーを引いた。

テスラの主な収益源の1つとして「再生可能エネルギー」があることから、他の経営陣やステークホルダーの反発を無視できなかった事情が内在していた可能性も考えられる。

関連:ビットコイン急落 テスラ社のBTC決済中止受け

もっとも、同氏の心変わりは今に始まったことではない。

ビットコイン決済導入の停止表明とエネルギー問題を提起した直後には、「相場操縦」だとする批判やエネルギー問題に対する反論が殺到。マスク氏が感情を露わにする場面もみられた。

今回の発言についての影響は軽微かつ限定的であり、大量保有するビットコインをすでに売却済みである可能性を含め、同氏からネガティブな反応が続くことは、ある程度市場も織り込んでいるものとみられる。

2日には、米テスラにおける企業ガバナンス問題について日経新聞が報じた。

米証券取引委員会(SEC)が米テスラに対し、「イーロン・マスクCEOのツイッター利用を監督できていない」と指摘したものだ。直近では、奔放な発言で知られる同氏のツイートが、ビットコインやドージコイン(DOGE)など仮想通貨市場に大きな影響を及ぼすケースが増加傾向にある。

関連:パロディから始まったドージコインが市場規模5位の仮想通貨になるまで

イーロン・マスクCEOは、過去にも株式市場の相場操縦を疑われる問題を度々起こしてSECと揉めていた。和解時にツイッターへの投稿に関して弁護士の事前承認を得ることが義務付けられていたが、何らかの事情でこれを放棄した可能性もある。

著者:S.Ninomiya

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します