仮想通貨取引所FTX、230億円で著名eスポーツチーム「TSM」の命名権獲得

「TSM」が「TSM FTX」に

大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXは米プロeスポーツ組織「TSM」の命名権を約230億円(2.1億ドル)で獲得し、「TSM FTX」に改名したことがわかった。

NYタイムズの取材によると、このパートナーシップは10年間にわたる契約であり、FTXは一年あたり2,100万ドルを支払うことになる。規模としてeスポーツにおける最も高価な命名権獲得の事例になったという。

FTXのサム・バンクマン・フリードCEOはNYタイムズの取材で、「eスポーツは新たなスポーツ分野としてデジタル時代で再認識されたように、仮想通貨は金融と投資分野で同じような変革を起こしている」、とFTXの理念を語った。フリードCEO自身もeスポーツ愛好家であり、ハースストーン(Hearthstone)などの人気ゲームをよくプレイすることを過去にSNSで明かしたことがある。

命名権獲得に伴い、TSMチームの公式サイトやツイッターのロゴ、チームユニフォームなどにも「FTX」のロゴと文字が加えられており、eスポーツでの露出度が増えることになる。

TSM(Team SoloMid)は2020年にフォーブス誌が報じた最も「時価総額の高いeスポーツチーム(運営企業)」で約440億円(4億ドル)に及ぶ。主にLCSやHearthstone、Fortnite、大乱闘スマッシュブラザーズなどのゲームで競っている。

また、FTXによる命名権獲得の事例は今回が初めてではない。今年の3月に、米プロバスケットボールリーグ「NBA」のチーム「マイアミ・ヒート」がホームにするアリーナの命名権(19年間)を約150億円(1.35億ドル)で取得した経緯がある。

仮想通貨取引所のeスポーツ参入

米大手仮想通貨取引所コインベースが4月、欧州拠点のプロeスポーツリーグ「BLAST Premier」のスポンサーを務めることが分かった。

昨シーズンに世界の100超の地域で放送されたというBLAST Premierで、ゲーム内のスポンサー欄などに「コインベース」のロゴが表示される。スポンサー活動を通して、eスポーツやゲームに関心のある人に、仮想通貨をもっと身近に感じてもらうようにすることが狙いだ。

BLAST Premierの昨シーズンの放送時間は8,300万時間に上る。コインベースは今回のスポンサー活動を利用して、世界の視聴者にリーチすることを目指すという。

関連:仮想通貨の認知拡大へ──米コインベース、eスポーツリーグのスポンサーに

さらに、大手DEX(分散型取引所)Uniswapは2日、欧州の名門eSportsチーム「Team Secret」と提携し、公式スポンサーになったことがわかった。

発表によると、Uniswapは「グラントプログラム(助成金)」から約1,200万円(112,500ドル)をスポンサー費用として拠出。一方、Team SecretはUniswapコミュニティに向けた独占コンテンツとeスポーツのアクティビティを制作すると説明した。

関連:Uniswap、欧州の名門eスポーツチーム「Team Secret」のスポンサーに

著者:菊谷ルイス
参考:GamerzClip , The Block

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します