仮想通貨の認知拡大へ──米コインベース、eスポーツリーグのスポンサーに

仮想通貨の認知拡大へ

4月中旬に株式上場を控える米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースが、欧州拠点のプロeスポーツリーグ「BLAST Premier」のスポンサーを務めることが分かった。

関連速報 仮想通貨取引所コインベースの株式上場予定日が判明

昨シーズンに世界の100超の地域で放送されたというBLAST Premierで、ゲーム内のスポンサー欄などに「コインベース」のロゴが表示される。今回のスポンサー活動を通して、eスポーツやゲームに関心のある人に、仮想通貨をもっと身近に感じてもらうようにすることが狙いだ。

BLAST Premierは、「Counter-Strike:Global Offensive(略称、CS:GO)」というゲームで戦うプロリーグ。このゲームは「テロリスト」と「カウンターテロリスト」の2チームに分かれて競うものだ。BLAST Premierの今年のイベントは7つに分かれており、賞金総額は247.5万ドル(約2.7億円)に上る。

BLAST Premierは主に春と秋でシーズンが分かれており、コインベースは春の「Counter-Strike Spring Season」のスポンサーを務める。具体的には4月13日〜18日までのリーグ戦と6月15日〜20日までのファイルだ。

また、「BLAST Premier’s ‘The Economy Play’」というコーナーもサポートする。これは経済に関してアナリストが議論を行うという内容で、重要な試合の合間に放送されるコーナー。各チームはゲーム内のお金を使い方をどのように決断すべきかなどについて論じるが、その際の背後にも「コインベース」のロゴが表示されるという。

BLAST Premierのブランド・パートナーシップ部門のトップOliver Clarke氏は、今回の発表に際し、以下のようにコメントを寄せた。

 

eスポーツと仮想通貨はどちらも技術やイノベーションと強い関係を持つ。

BLAST Premierはテクノロジーに精通した観客に、グローバルに楽しまれているeスポーツリーグだ。

eスポーツのファンがコインベースに関心を持つことを楽しみしている。

BLAST Premierの昨シーズンの放送時間は8,300万時間に上る。コインベースは今回のスポンサー活動を利用して、世界の視聴者にリーチすることを目指すという。

他にもeスポーツをスポンサーか

詳細は明確になっていないが、北米のプロeスポーツチーム「Evil Geniuses」が、「コインベース」のロゴが入った服を着た写真を公式ツイッターアカウントに投稿。こちらもコインベースがスポンサー契約を締結したのではないかとの憶測が広がっており、今後の詳細発表が待たれる。

ゲームと仮想通貨・ブロックチェーンの相性の良さは以前から広く認識されてきた。

例えば国内企業SBIグループのeスポーツプロチーム「SBI e-Sports」は昨年、所属メンバーとしてKEN選手とMikey(マイキー)選手とのプロフェッショナル契約を締結することを発表。

本人の希望とSBIVCトレード株式会社とのスポンサー契約に基づき、両選手への年俸は日本円ではなく、仮想通貨XRP(リップル)にて支給されるとのことで注目を集めた。

関連SBI e-Sports、スマブラ部門とFIFA部門の発足と所属プロ選手2名を発表

新型コロナ感染拡大の影響で従来のスポーツ開催が制限される中、巣ごもり需要の高まりが追い風となり、遠隔でも対戦できる競技が多いeスポーツの人気は現在一段と高まっている。

著者:K.Kobayashi
参考:BLAST Premier

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します