Airbnbと競合するか? 分散型ホームシェアサービス誕生

BSC基盤のプラットフォーム

コミュニティが運営する分散型のホームシェアリング用プラットフォーム「Dtravel」がローンチされた。

バイナンスのパートナー企業「Travala.com」や、Airbnbやエクスペディアの元幹部らがプラットフォームの構築を実現した。中央管理者が不在で、宿泊場所を貸したいホストと、借りたいゲストが直接やりとりして予約などを行い、Dtravelはトラストレスな自律分散型組織(DAO)として機能する。

自律分散型組織(DAO)とは

「DAO」は「Decentralized Autonomous Organization」の略。中央管理者が存在せず、自律的に機能する組織を指す。

▶️仮想通貨用語集

関連米ワイオミング州、自律分散型組織(DAO)の法人化法案が成立

Dtravelのローンチは、Travala.comも16日に発表。Dtravelを「Travala.comがサポートする、Airbnbのライバルとなるプラットフォーム」だと紹介した。

Travala.comは、世界最大級のオンライン旅行代理店Booking.comと戦略的パートナーシップ契約した仮想通貨決済を導入する宿泊予約サービス。ビジョンは、ブロックチェーンを基盤にした世界最大の旅行代理店を作ることにある。これまで、グローバルな規模で事業を行うために、Airbnbとの提携も試みたが実現せず、自社の目的達成にも寄与できる分散型のホームシェアリングネットワークを作ることに乗り出したという。

Dtravelの特徴

中央管理者のいないDtravelは、他のプラットフォームと比較して、50%以上手数料が安いことが大きな特徴。短期から長期まで、宿泊したい人とさせたい人が利用するプラットフォームになる。従来の決済手段に加え、ビットコイン(BTC)などで暗号資産(仮想通貨)決済ができることも特徴だ。

Dtravelは、仲介者不在で運用するために、バイナンスの独自ブロックチェーン「Binance Smart Chain(BSC)」上に構築された。

関連バイナンスアプリでホテルの予約が可能に、BNBやビットコイン決済利用で

一方で、プラットフォームはローンチされたものの、ガバナンスなどに利用される仮想通貨「TRVL」は、まだ利用できない。近いうちにBSCと、BSCと互換性のあるイーサリアムのネットワーク上で発行し、本格運用につなげていくという。

また、Travala.comの独自仮想通貨「AVA」の保有者には、TRVLがエアドップ(無料配布)される予定で、詳細を数週間で発表すると説明。AVAは、Dtravelの予約時に支払い手段として利用することが推奨されている。

Dtravelの公式ツイッターアカウントが紹介するメディアCryptoslateによると、Travala.comの共同創設者Juan Otero氏は、以下のようにコメントを寄せた。

 

Dtravelは、永遠にコミュティのニーズに応えていくプラットフォームだ。

 

旅行に関する権限を取り戻したいと考える次世代のホストやゲストに最適で、利用も簡単。それに加え、安全に利用することもできる。

著者:K.Kobayashi
参考:Travala.com , Cryptoslate

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します