大手仮想通貨サービス企業Amber Group、シリーズBで110億円を調達

Amber Group、1億ドルを調達

金融機関・投資家向けに暗号資産(仮想通貨)のOTC取引やデリバティブなどサービスを提供するAmber Groupは、シリーズB資金調達ラウンドで1億ドル(111億円)を調達したと発表した。

また、今回のシリーズBラウンドでの評価額は10億ドル(1,100億円)となり、2019年に行い2,800万ドルを調達したシリーズAから評価額は10倍に増加したとしている。

暗号資産 (あんごうしさん)

暗号資産とは、日本政府が法律で定めた仮想通貨の別称のこと。

▶️仮想通貨用語集

シリーズBには、China Renaissance、Tiger Brokers、Tiger Global Management、Arena Holdings、Tru Arrow Partners、Sky9 Capital、DCM Ventures、Gobi Partnersが参加している。

また、過去からの投資家であるPantera Capital、Coinbase Ventures、Blockchain.comもシリーズBラウンドに参加。

Amber GroupのCEO兼共同創業者、Michael Wu氏は次のようにコメントした。

戦略投資家からの新たな資本によって、Amberグループはグローバル事業を拡大し、世界の暗号資産(仮想通貨)投資家や企業のためにソリューションを開発し顧客の需要に応えていく。

BitMEXのリーダーボードにランクイン

Amber Groupは2017年に設立され、機関や個人投資家向けに様々なサービスを提供してきた。サービスはアルゴリズムトレーディングやマーケットメイカー、HFT(高頻度取引)、OTC取引、貸付、デリバティブなど様々におよび、香港や台北、ソウルなどのアジア拠点のほか、北米のバンクーバーにも拠点を持っているという。

サービスを提供するだけでなく自社部門で取引を行っており、BTCやETHの価格を基にした同社の運用資産額は現在、約15億ドル(約1,650億円)にまで拡大している。CEOのWu氏によると、主要スポット・デリバティブ取引所における取引量の2~3%を同社が占めているという。

実際、デリバティブ取引所BitMEXのリーダーボードでは、収益においてAmber Groupがトップ25(21位)にランクインしていることがBitMEX上で確認可能で、その収益額は約1,144XBT(XBTはBTCの別の単位)となっている。

このほか、2020年の第3四半期にはモバイルアプリの提供も開始した。このアプリはユーザーの投資をサポートするツールになっている。

既にアプリの登録者は10万人を超えており、先月には新たに暗号資産のスワップ機能やレンディング機能も追加された。CEOのWu氏は今後について「私たちはプロダクトを革新し続け、グローバルなユーザー基盤に才能あふれるチームで応えていく」としている。

著者:CoinPost編集部

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します