CoinPostで今最も読まれています

日米株式市場暴落でリスクオフ鮮明に、ロバート・キヨサキ氏はビットコイン市場にも強い警戒感

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン相場と金融マーケット

前週末の米株式市場の大幅下落を嫌気して、日経平均株価の下げ幅は一時前日比1,100円を超えた。ダウの下落幅は、週間で1200ドル近くに達している。

FOMCを経て、FRB(米連邦準備理事会)のスタンスが、従来よりも”タカ派”寄りだと受け取られたことで、投資家のリスク回避姿勢が急速に強まった。テレビ番組に出演したFRB構成員でセントルイス連銀のブラード総裁は、「インフレが加速すれば、2022年後半の利上げ前倒しもあり得る」との見解を示しており、早期テーパリング(量的緩和の縮小)などの金融引き締めに対する警戒感が広がった。

ユーロ、日本円、英ポンド、カナダドル、スウェーデンクローネ、スイスフランといった主要6通貨に対する米ドル(基軸通貨)の価値を指数化した「米ドル指数(ドル・インデックス)」が急上昇しており、リスクオフ局面でドルが買われていることを示している。

金融緩和局面では米ドルが大量に刷られており、通貨価値の低下に伴い、通貨供給量の限られたゴールド同様の代替資産性に着目されたビットコインの価格は大きく高騰してきた。

ドル指数の推移

非製造業を中心に米国の景況感は良好に推移しつつあり、金融政策の正常化は世界経済の回復を示すバロメーターである一方、コロナ禍における過去前例のない規模の金融緩和の影響で、株式市場は官製バブルの様相を呈してきた。リスクオン相場に乗じて急騰してきたビットコイン市場も例外ではなく、反動安が懸念されている。

ビットコイン相場

週明け21日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン価格は、前日比1.45%安の385万円(35,000ドル)と続落した。

昨日の急落の反動で33,350ドルから36,000ドルまで大きく反発したものの、35,000ドル前後では上値の重さも目立つ。。

日足のデッドクロス(①)が成立したほか、エルサルバドルの法定通貨化を追い風に反転シグナルを出していた前週の週足を打ち消すような形となっており、金融市場全般の地合い悪化で情勢は芳しくない。年初来安値は、1月4日に付けた27,678ドル。(②)

関連:FOMCの早期テーパリング示唆で金融市場は軟調、ビットコインのデッドクロス迫る中

『金落ち父さん貧乏父さん』の著者として知られるロバート・キヨサキ氏は19日、「史上最大級のバブルで膨らんだマーケットのクラッシュに備え、金と銀を買い増している。」と言及。「ビットコインは、(今は買い場ではなく)24,000ドルまで下がるのを待っている。相場の崩壊があるとすれば、絶好のチャンスになり得る。」との見解を示した。

同氏は、1BTC=10,000ドル前後にあった20年5月時点でビットコインを購入。1BTC=18,000ドル前後で推移していた20年12月13日時点で、機関投資家の資金流入などを根拠に「1BTC=5万ドル」まで上昇することを予想し、的中させている。

背景にあるのは、(発言時点で)米国の26.7兆ドル超におよぶ巨額負債で、FED(連邦準備制度)への批判を強めていた。

採掘力が大幅ダウン

中国当局による、ビットコイン採掘事業の取り締まり強化も懸念材料だ。ビットコインの総ハッシュレートは、5月14日のピークの180.66TH/sだったハッシュレートは、127.65TH/sまで大幅下落。過去3ヶ月で最低水準に達した。

詳細:ビットコインのハッシュレート急落、把握したい3つのこと

37%以上急落したAntPoolを筆頭に、Foundry USA、SlushPool、OKKONGなど、大規模マイニングプールのハッシュレートが大幅に下がった。

btc.com

なお、国内上場企業の「SBI Crypto」は、1073.96 PH/sで13位にランクインしている。1位のViaBTC 13123.18 PH/sと比較すると、約1/12の規模となる。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/20 土曜日
08:25
BTCクジラが1900億円相当のビットコイン押し目買い、エヌビディアなど大幅安|金融短観
19日のアジア時間はイスラエルがイランに対して報復攻撃を実施したとのメディア報道が嫌気され日経平均指数や上海総合指数などは大きく下がったが、その後攻撃の規模が限定されており核施設に被害はなかったとの報道を受け米国の株式市場ではこのニュースへの反応は見られなかった。
06:45
Magic Eden、BaseチェーンのNFTに対応へ Open Editionミントも予定
Magic Edenは現在NFTマーケットプレイスのランキングで1位。ビットコイン半減期を背景に需要が高まるビットコインOrdinalsおよびビットコイン上の「Runes」への期待が出来高を押し上げている。
06:15
マイクロストラテジーのセイラー会長、自社株売却で570億円の利益
マイクロストラテジーの株価は仮想通貨ビットコインの3月の高騰に伴い3月27日に1,919ドルまで値上がりした。同株は年初来+71.37%のパフォーマンスを見せた。
04/19 金曜日
18:00
2024年注目の仮想通貨10選 セクター別の主要銘柄
暗号資産(仮想通貨)市場を代表する、注目銘柄10選。ビットコイン現物ETFが承認され半減期を迎える2024年。RWAやAI銘柄などセクター毎に投資活動が活発化。年初来の騰落率を含む各種データを網羅。ソラナのミームコインやエアドロップの効果は業界全体に影響している。
13:53
Yuga Labs、NFTゲームの知的財産権をゲームスタジオ「Faraway」に売却
著名NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」で知られるYuga Labsは、同社が開発するNFTゲーム「HV-MTL」と「Legends of the Mara」の知的財産権を、ゲームスタジオ「Faraway」に売却したと発表した。
11:54
中東情勢緊迫化で株やビットコインなど急落、リスク回避の動き強まる
中東情勢を巡りイスラエルのイランへの報復攻撃が伝わり、日経平均株価や仮想通貨ビットコインなどリスク性資産が暴落した。先行き懸念からリスク回避の動きが強まっている。
11:30
Ondo Finance、米国債建てトークンUSDYをコスモスで展開へ
資産トークン化企業Ondo Financeは、Noble Chainと提携して米国債建てトークンUSDYなどの資産をコスモス上で展開すると発表した。
11:00
テザー社、USDT超えて最先端技術提供へ 4つの新部門立ち上げ
USDTを発行するテザー社は事業部門を4つに再編する計画を発表した。ステーブルコインを超えた、より包括的なソリューションを提供していく計画だ。
10:10
「BTC半減期後の相場はマクロ経済が主導」10x Research分析
仮想通貨ビットコインの半減期後の相場を主導するのはマクロ経済であると10x ResearchのCEOが指摘。現状ではビットコインの今後価格が5万ドルまで下がる可能性もあると述べている。
09:35
Aptos開発企業、マイクロソフトやSKテレコムなどと提携
アプトス・ラボが数社と共同で開発するAptos Ascendは、金融機関向けのデジタル資産管理プラットフォームだ。この製品はAzure OpenAI Serviceを使用する。
07:55
仮想通貨取引所バイナンス、ドバイで完全な事業ライセンス取得
バイナンスは昨年同局からMVPライセンスを取得したが、同ライセンスには3段階のプロセスがあり、今回は最終段階をクリアしたことになった。
07:20
「半減期後にBTC価格は下落する可能性」JPモルガン
半減期後に仮想通貨ビットコインの価格は下落する可能性があると、JPモルガンのアナリストは分析。17日のレポートで分析の根拠を説明している。
06:30
バイナンス、新たな仮想通貨ローンチパッド「メガドロップ」発表
最初に選ばれたプロジェクトは仮想通貨ビットコインのステーキングプラットフォーム「BounceBit」で、168,000,000 BBトークンがMegadropを通して配布される予定だ。
06:00
コインベース、ソラナミームコイン「WIF」の永久先物提供へ
米仮想通貨取引所大手コインベース(およびインターナショナル取引所)は19日、ソラナ基盤のミームコイン「WIF」のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。
04/18 木曜日
17:05
Flare Network、PFP NFT生成AIサービスの一部機能を公開
Flare Network(フレアネットワーク)はデータに特化したブロックチェーンとしてAIを強化。Atrivと提携してコードなしでNFTを生成するプラットフォームを提供。このプラットフォームは、デジタルアートの取引と集大成を容易にし、安全なクロスチェーン取引をサポートする予定。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/20 ~ 2024/04/21
大阪 京セラドーム大阪
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
重要指標
一覧
新着指標
一覧