世界的メガバンク6行、国際送金大手SWIFTの新プラットフォームを導入準備へ

大手銀行、新プラットフォーム賛同

SWIFT(国際銀行間通信協会)は24日、新たに6行の世界的な大手銀行が開発中の送金管理プラットフォームに賛同し、導入準備を行なっていることを発表した。国際送金におけるコストや送金時間の短縮を目指すもので、22年11月のローンチを予定している。

今回の発表によれば、開発中の新プラットフォームは顧客情報の事前承認などが可能になり、低コストで高速かつ効率的な通信と取引を提供するもの。

SWIFTとは

SWIFT(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)は、銀行間の国際送金を可能にする通信ネットワークを提供する非営利法人。世界200ヵ国以上の11,000以上の金融機関を接続しており、40億以上の金融口座に送金サービスを提供している。

▶️仮想通貨用語集

SWIFTの新プラットフォームはこれまでの国際送金における革新の成果を反映したもので、20年12月に実用化の段階に進んだ新たな国際送金サービス「SWIFT gpi」を活用する。

賛同を表明した銀行は以下の通り。いずれも世界規模の大手銀行だ。

  • 中国銀行
  • BNYメロン
  • BNPパリバ
  • シティ
  • ドイツ銀行
  • スタンダードチャータード銀行

中国銀行は中国四大商業銀行の一つ。また、BNYメロンは米最古の大手金融機関で、2月には仮想通貨カストディを年内に導入する方針を表明した。

関連:ビットコイン最高値更新 BNYメロンの仮想通貨事業展開に関する報道受け

仏BNPパリバやドイツ銀行はいずれも欧州に拠点をおくグローバル規模の大手金融機関。米国の四大銀行の一角であるCitiグループは24日、仮想通貨やブロックチェーンに特化した「デジタル資産グループ」部門の設立を発表したばかりだ。

また、スタンダードチャータード銀行は6月上旬、欧州の機関投資家向けに仮想通貨取引所サービスを第4四半期(4Q)までにローンチする方針を6月上旬に発表していた。

関連:スタンダード・チャータード銀、仮想通貨取引所サービス提供へ

スタンダードチャータード銀行の資本管理部門のグローバル責任者Philip Panaino氏は以下のようにコメントした。

SWIFTは、顧客がビジネス目標を達成するための大切なパートナーであり続けてきた。新戦略の一環として発表された強化されたプラットフォームにより、私たちは顧客のニーズに応え続けることができる。

SWIFTは、gpiのような革新的な新しいソリューションを市場にもたらしてきた実績があり、新しいプラットフォームが業界にさらなる変革をもたらすと確信している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します