コインベース、ドイツで仮想通貨カストディの認可を取得 CEOが仮想通貨の新規上場について語る

仮想通貨カストディの認可を取得

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースのドイツ部門(Coinbase Germany)は、ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)からカストディ事業の認可を取得したことが分かった。

BaFinは28日付けで発表。BaFinが仮想通貨のカストディ事業に対する認可を出すのは今回が初めてだという。

BaFin

BaFinとは、日本の金融庁に相当するドイツの監督組織。2002年4月に金融サービス監督法(FinDAG)が施行されたのに伴い、同年5に設立された。

▶️仮想通貨用語集

BaFinは2020年3月、ビットコイン(BTC)を初めとする仮想通貨を「金融商品」とみなす新たなガイドラインを公開。その際、カストディ企業に対するライセンス制度を導入した。

関連独金融庁、仮想通貨を「金融商品」と正式認定

ライセンス制度の導入後、BaFinは仮想通貨のカストディ事業に対応するため、専門分野や部署をまたいだチームを編成。そして今回、初めてコインベースにカストディ事業の認可を付与した。

BaFinは事業のライセンスを付与する一方で、今年3月には、仮想通貨は投資リスクがあり、投機性が非常に高いと個人投資家に警告。この警告は、コインベースにカストディ事業のライセンスを付与した今回の発表でも改めて指摘している。

関連ドイツ規制当局:個人投資家に向け仮想通貨の投資リスクを警告

コインベースは今回の発表について、Coinbase Germanyで近いうちにサービスをローカライズし、より多くのプロダクトをドイツの顧客に提供していく方針を明かした。

仮想通貨の新規上場について

コインベースのBrian Armstrong最高経営責任者(CEO)は29日、同社の目標は、法律で認められている範囲で、全ての仮想通貨を取引所に上場させることだと説明した。

自由な市場の価値を信じており、顧客が仮想通貨の経済圏に対する選択権を持つべきだと主張。今後は各銘柄に対する評価やレビューを提供する計画があるとも述べている。

評価やレビューの提供を計画する理由についてArmstrong氏は、顧客が今よりも情報に基づいた判断ができるようになり、コミュニティが自身の見方を共有しやすくなると説明した。

コインベースは最近、新規銘柄を上場するペースが上がっている。特に今月はその傾向が強く、最近では24日、コインベースProにProBarnBridge(BOND)、Livepeer(LPT)、Quant(QNT)を上場することを発表した。

関連米コインベース、仮想通貨3銘柄を新規上場

アルトコインはマーケットを拡大するために、知名度や流動性が重要視される。そのために市場が意識するのが、大手取引所への上場だ。特に市場規模が大きなコインベースには注目が集まる。

今まではコインベースに上場されるだけでなく、上場予定だと発表されただけでも、その仮想通貨の価格が急騰する現象が見られてきた。コインベース上場に関する発表で価格が上昇する現象は「コインベース効果(Coinbase Effect)」と呼ばれている。

公式ウェブサイトによると、コインベースが現在サービスに対応している仮想通貨は65銘柄だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します