CoinPostで今最も読まれています

ドイツ規制当局:個人投資家に向け仮想通貨の投資リスクを警告

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ドイツ金融当局による警告

暗号資産(仮想通貨)の強気相場が継続する中、ドイツの連邦金融監督庁(BaFin、日本の金融庁に相当)は一般消費者に向け、仮想通貨投資のリスクについて注意を喚起した。

3月19日、BaFinは公式サイトで、消費者保護に関する情報として、「ビットコインやその他の仮想通貨はリスクと投機性が非常に高い」と個人投資家に警告。また、仮想通貨の価格上昇の勢いが増した今年1月にも、「仮想通貨の誇大広告」と題して、投資リスクについて次のような警告を発していた。

  • ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、XRP、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)などの最近の価格上昇に目をくらまされないように
  • 現物取引だけでなく、差金決済取引などのデリバティブ金融商品も高リスクである
  • 消費者が大きな損失を被り、場合によっては全ての資金を失う可能性もある
  • 投資判断の際は、激しい価格変動と低い流動性から生じるリスクを考慮することが必要

BaFinはICO(トークン販売)についても、過去に警告を発していた経緯がある。

欧州監督当局も警告

BaFinの警告の中でも触れられているが、欧州の金融監督当局も消費者に仮想通貨の投資リスクに関して注意を促している。

3月17日、欧州銀行監督機構(EBA)、欧州保険・年金監督局(EIOPA)、欧州証券市場監督機構(ESMA)は、一部の仮想通貨は非常にリスクの高い投機的なものであると指摘し、「消費者は全ての資産を失う可能性も含め、このような金融商品の購入と保有のリスクに注意を払うことが必須である」と警告した。

また、仮想通貨には様々な形態があるが、その大部分はEU域内では未規制であるため、規制された金融サービスに付随するような保証等の保護措置を受けることはできないと説明。欧州委員会は2020年9月に、仮想通貨市場に関する規制案を提出。しかし、まだEU法として成立していないことから、同規制案で提案されている消費者保護の恩恵は受けることができないと付け加えた。

ドイツの金融業界の動き

一方、ドイツ金融業界では、個人投資家に対する金融当局からの注意喚起と対照的な動きがみられる。

先月、金融大手のドイツ銀行(Deutsche Bank)が、カストディとブローカー事業で仮想通貨分野に本格参入する計画があることが報じられた。また、同行はビットコインによる決済に焦点を当てたレポートを発表。時価総額100兆円に達したビットコインは、「重要な資産として無視できない規模」になっているとの見解を示した。

関連:「ビットコインは無視できない規模に」=ドイツ銀行レポート

また、老舗銀行「Donner&Reuschel」も、仮想通貨の売買及びカストディサービスの提供を開始するとみられており、仮想通貨の投資環境が充実していく動きが止まる気配は無いようだ。

関連:ドイツの老舗銀行、仮想通貨の売買サービス提供へ=報道

このように、金融機関が仮想通貨事業に参入する背景には、好調な相場や市場拡大の影響もあるが、同時に、ドイツのこれまでの仮想通貨規制に対する取り組みも功を奏しているようだ。

ドイツの仮想通貨規制

規則を重んじる傾向の強いドイツは、欧州の中でも、いち早く、仮想通貨に対する規制の明確化を図ってきた。

BaFinは、2020年3月、ビットコインをはじめとする仮想通貨を「金融商品」とみなすガイドラインを発表。仮想通貨を「中央銀行や公共団体によって発行されず、法定通貨に該当しないもので、デジタル価値を有するもの」と定義し、「価値の交換において、仲介手段として電子的に送金、保存が可能な」機能を持つものであるとした。

また、同年1月に施行されたマネーロンダリング防止法制定に伴う銀行法の改正により、銀行が仮想通貨の保管や管理サービスを提供することが可能になった。新たに金融サービスと定義された仮想通貨のカストディサービス提供には、BaFinが監督当局となり、ライセンスの取得が義務付けられた。

関連:独金融庁、仮想通貨を「金融商品」と正式認定

そして同年12月には、ブロックチェーン導入推進の一環として、全ての証券のデジタル化を合法化する法律も成立した。

関連:ドイツ、ブロックチェーンを利用したデジタル証券を合法に=報道

BaFinは、消費者に対する注意の中で、仮想通貨関連の金融サービス事業を行う企業に関しては、同機関の許可が必要となっていることに言及。しかし、この規制の枠内では、消費者の損失が生じた場合、保護措置も一切ないことを強調している。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア