シンガポール中央銀行、CBDCのコンペ開催へ

シンガポール中銀、CBDCチャレンジ開催

同国の中央銀行に相当するシンガポール金融管理局(MAS)は28日、IMF(国際通貨基金)と連携してリテールCBDC(中銀デジタル通貨)のローンチを視野にしたコンペ「Global CBDC Challenge」を発表。

世界各国のフィンテック企業や金融機関からCBDCソリューションの募集を図り、11月に決定されるファイナリスト3名には410万円(5万SGD)が寄贈されるという。

Global CBDC Challengeは決済の効率化と金融包摂の促進を念頭に、CBDCの基盤、CBDCの分布、そしてインフラの3領域に焦点を当てる12の課題を呼びかけるコンペ。IMFの他、以下の国際機関がパートナーとなる。

  • 世界銀行
  • アジア開発銀行
  • 国連資本開発基金
  • 国連難民高等弁務官事務所
  • 経済協力開発機構

また、サポート企業として以下のテック系企業も参画している。

  • アマゾンウェブサービス(AWS)
  • マスターカード
  • Mojaloop財団
  • Partior
  • R3
  • Hyperledger

今後の予定

6月28日よりGlobal CBDC Challengeへの登録が開始。参加を希望する企業や団体は、7月23日迄に提案書を提出する必要がある。

出典: Global CBDC Challenge

その後、8月27日までに、業界の専門家から構成されるパネルが15のファイナリストを選出。8週間の「アクセラレーション・フェーズ」中、業界の専門家からフィードバックを受け取る機会があるワークショップに参加し、CBDCソリューションを改良、修正できる。

10月31日の期限を迎えた後、ファイナリストは11月に開催されるシンガポール・フィンテック・フェスティバルでソリューションを発表。最大3つの勝者にそれぞれ410万円(5万SGD)の賞金が寄与される。

MASのSopnendu Mohanty CFOは以下のようにコメントした。

世界中の中央銀行は、デジタル通貨の発行を積極的に検討しており、政策や技術面でさまざまな課題に直面している。

グローバルCBDCチャレンジを通じて、MASは、CBDCの可能性を最大限に活用して、決済サービスの効率化や金融包摂の向上を実現するソリューションを開発、世界中のイノベーターコミュニティに紹介することで、中央銀行の中核的な責務である金融の安定性に貢献したい。

関連:中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは|ビットコインとの違いと主なメリット

著者:Noah Sakamaki
参考:Monetary Authority of Singapore

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します