仮想通貨レンディングBlockFi、提供年利を再び引下げ 機関投資家需要が変化

BlockFi、再び利下げ

暗号資産(仮想通貨)レンディング大手BlockFiは再び、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の年利を変更した。BlockFiは仮想通貨の貸借(レンディング)サービスを提供する米大手業者だ。

影響を受けるのは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、チェーンリンク(LINK)、およびUSDCなどの米ドルステーブルコインだ。下表はビットコインの例で、7月1日より新たな年利(APY)に変更される。

出典:BlockFi

ビットコインの場合、0.25BTCまでのデポジットは、5%から4%に。0.25〜5BTCでは、2%から1.5%に、そして5BTC以上の場合は、0.5%から0.25%へと引き下げられる。この変更は、イーサリアムも同様になる。

一方、ライトコイン(LTC)、チェーンリンク(LINK)、PAX Gold(金トークン)、USDC、およびUSDTでは、5万ドル以上の大口顧客に対して新たに年利の提供を開始する。これらは、『Tier2』枠に該当した仮想通貨で、LTCから順に2%、0.5%、0.5%、5%、5%となる。

特に注目すべきは、USDCにも大口顧客に対してサービスを開始した点だ。直近では、コインベースやCompoundの新規事業体Compound Treasuryも4%という固定金利を提供すると相次いで発表しており、顧客流出を防ぐ狙いがあると見られる。BlockFiはそれらを上回る5%を提供する。

また、今回の変更について、「BlockFiの金利口座は、機関投資家がそれらの銘柄を借りる需要によって変わる」と、同社は発表で説明した。

一方、Genesisなどの機関投資家向けレンディングプラットフォームはBlockFiの利下げに追随しないという方針をCoinDeskに明かしたという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します