仮想通貨イーサリアムのハードフォーク「ロンドン」 予定日時は5日夜頃

ロンドンアップデート迫る

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)ハードフォーク「ロンドン(London)」が迫っている。

ロンドンは、ブロック高1,296,5000到達時点において、メインネットでアクティベートされる。Etherscanのデータによれば、8月2日17時時点では、8月5日20時頃に実行される見通しだ。

出典:etherscan

ロンドンのアップデートでは、以下の改善提案が含まれる。

  • 手数料モデルの変更(EIP-1559)
  • 基本手数料のオペコードの追加(EIP-3198)
  • ガスの払い戻しの一部削減(EIP-3529)
  • 0xEFから始まるコントラクトの拒否(EIP-3541)
  • ディフィカルティボムを2021年12月1日まで延期(EIP-3554)

特に注目を集めているのが、手数料モデルを変更するEIP-1559だ。基本手数料が新たに導入されるほか、手数料がバーン(焼却)される新システムが導入される見込みで、ガス代の削減や供給面への変化によるイーサリアムのデフレ資産化(≒に伴うETH価格上昇)などが見込まれる。

取引所の対応

国内仮想通貨取引所も、ERC-20規格の暗号資産に影響し得るイーサリアム(ETH)およびETH基盤「ERC20トークン」の預入・引出を停止するなど、ハードフォークへの対応を迫られている。

大手取引所は、「イーサリアム(ETH)のアップグレード完了後、十分な安定稼働を確認した上で、預入・引出を再開する」としている。

各社の対応は、以下の通り。

取引所名 対象通貨 一時停止日時
コインチェック ETH、BAT、ENJ、OMG、PLT 2021年8月4日 10:00 (予定)
bitFlyer ETH、BAT 2021年8月5日(木)午前11 時頃(予定)
bitbank ETH, BAT, OMG 2021年8月5日(木)11:00(予定)
GMOコイン BAT、OMG、ENJ 2021年8月4日(水)15:00(予定)
DMM Bitcoin ETH 2021年8月5日(木)18:00~24:00(予定)

本日2日には、仮想通貨・ブロックチェーンに特化したオンライン学習サービス「PoL」のグローバルローンチを記念して、イーサリアム財団Eth2リサーチャーAlex氏をゲストにAMA(Ask Me Anything)が開催される。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します