仮想通貨レンディングCelsius、カルダノ(ADA)取扱開始へ

仮想通貨カルダノのレンディング

暗号資産(仮想通貨)レンディング大手Celsiusが今月、カルダノ(ADA)の取り扱い開始を計画していることがわかった。エイダコインを利用したローンや、ローンの担保として活用が可能となる。

CelsiusのAlex Mashinskyは3日、仮想通貨カルダノの年利が4.05%であると発表。8月19日より取り扱いを開始することを明かした。

Celsiusはビットコイン(BTC)をはじめとする30以上の銘柄を利用したレンディングや預金サービスを提供する企業。独自のネイティブトークンであるCelsius(CEL)も発行している。

なお、仮想通貨カルダノは8月下旬、国内取引所のビットポイントジャパンでも上場が予定されている。5日時点では、具体的な開始日時は発表されていないものの、実現すれば日本初となる見込み。

関連:仮想通貨取引所ビットポイント、国内初事例となるカルダノ(ADA)上場へ

また、開発者のチャールズ・ホスキンソン氏によれば、スマートコントラクトを実装する大型アップグレード(ハードフォーク)のアロンゾについては8月から9月頃と見通しを立てている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します