スマホでNFT取引が可能に アーダーブロックチェーンの「NFT Magic」とは

参入障壁が低いNFTマーケットプレイス

アーダーブロックチェーン技術を使うNFT Magicチームが、NFT Magicと呼ばれるマーケットプレイスの新たな概要をリリースした。

NFT Magicは、アーダーブロックチェーンのチャイルドチェーン、Ignis(イグニス)上に構築されたNFT販売所だ。後述するSIGBROというアプリを使えば、誰でも手軽にNFTを作成・購入・販売することができるという。

出典:NFT Magic

アプリを通したNFTのアップロードに加え、手数料が非常に低いのもアーダーブロックチェーンの特徴だ。これまでの一般的なNFT取引所では、高額な取引手数料が普及の障壁となっていた。

Jelurida_NFTMagic_2

出典:NFT Magic

このプラットフォームでは、これまでのような写真やアート作品だけでなく、アニメ、動画、音楽、オーディオ、PDFファイルと多様なデジタルカテゴリーをNFTとして発行することが可能となっている。

NFTMagicは、アーダーブロックチェーン技術、IPFS分散型ストレージテクノロジー、そして「SIGBRO」アプリのセキュリティの組み合わせにより、安全性だけでなく、環境にも配慮したNFTマーケットプレイスを目指している。また、ポータブル性も重視しており、あらゆる種類のデバイスにも今後対応予定だ。

今後、NFT Magicのマルチ・プラットフォーム化およびNFTの普及と共に、作品数および取引数の増加が期待できるという。

関連:NFTやブロックチェーンゲームなどの開発が活発化、アーダーエコシステム概説

NFT取引を身近にするアプリ「SIGBRO」

NFT Magicの利用において必要となってくるアンドロイドアプリが「SIGBRO」だ。このアプリは、NFTをアップロードするだけでなく、仮想通貨ウォレットや、デジタルIDとしての機能も併せ持っている。

仮想通貨ウォレットとしては、仮想通貨ARDRのほか、アーダープラットフォームで使用されるIGNIS、BITS、GPSなどのチャイルドチェーントークンを保管することも可能。

デジタルID機能も搭載されており、アーダープラットフォーム上の他サービスとも連携が可能。これにより、ユーザーはパスワード入力の手間をかけることなく、暗号技術により自動的にログインできるようになる。現在、このアプリをダウンロードできるのはアンドロイドのみだが、iOS版もリリース予定とのこと。

またNFT Magicでは、ピアツーピアの分散プロトコル「IPFS (InterPlanetary File System)」技術が利用されている。IPFS技術は、次世代通信プロトコルおよびストレージ技術として注目されており、NFT Magicでもこの技術が活用されている。

ブロックチェーンゲームとNFTに注力

アーダーブロックチェーンを使ったNFT関連の製品やゲームは、いくつか開発が進んでおり、トランプゲーム「BridgeChamp」や、トレーディングカードゲーム「Mythical Beings」などが既にリリースされている。

また、アーダー技術が基盤の「Triffic」は、拡張現実(AR)を組み合わせたスマートフォン向けGPS位置情報ゲームだ。ここではアーダーのチャイルドチェーンである「GPS Token Blockchain」(20年9月メインネットにローンチ)が使われている。

ユーザーはポケモンGOのように、アプリ内の地図を利用して現実世界を歩き回りながら、地図上に表示された「GeoMorfs」と呼ばれるキャラクターを発見し、NFTや仮想通貨など様々な報酬を得ることができる。

Jelurida_NFTMagic_3

出典:GeoMorfs

関連:ブロックチェーン開発企業ジェルリダ、ARゲーム特化チェーンを統合

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します