仮想通貨ディエムのウォレット「Novi」、米国のほぼ全州で認可を取得

仮想通貨ウォレットNoviの開発

仮想通貨ディエム(旧:リブラ)の共同創設者David Marcus氏は18日、ディエムのウォレット「Novi」をローンチする準備が順調に進んでいると明かした。

ディエムの正式なローンチ時期については現時点でも明確になっていないが、Noviについては、「米国のほとんど全ての州でライセンスを取得した」と説明。一方で、正式なライセンスを取得できていない地域ではローンチしないとし、規制遵守を最優先する考えを改めて強調している。

ディエムは米フェイスブックが開発を主導するステーブルコイン。2019年6月に「リブラ」の名称でホワイトペーパーが発表した時は、複数の法定通貨などに裏付けされたステーブルコインを計画していたが、金融システムへの影響等を懸念した政府や規制機関から懸念の声が相次ぎ、現在は米ドルのみに担保されたステーブルコインを発行する方針へ変更している。

関連ディエム財団、米国でステーブルコイン発行する計画に変更

ステーブルコインとは

価格が安定している(stable)仮想通貨を指す。大きく分類すると3つに分けられ、価値を法定通貨で担保したもの、他の仮想通貨で担保したもの、無担保でアルゴリズムによって価値が調整されるものがある。

▶️仮想通貨用語集

ディエムのウォレットとして利用されるNoviは、以前は「Calibra」という名称だったが、2020年5月にリブランディングした。Noviという名称は、ラテン語で「新しい」を意味する「novus」と、「経由」を意味する「via」という2つの単語をもとにしている。新たな送金手段として、仮想通貨の利用の流れを表現しているという。

関連「Calibra」から「Novi」へ リブラ専用ウォレットがリブランディング

Marcus氏は今回、「Noviを市場にローンチする準備はできている」と説明しており、ライセンスの取得が進んでいることから、高水準のコンプライアンスを遵守し、規制に準拠したウォレットであると強調。ライセンスを取得できない地域ではNoviは提供しないとしており、規制機関や政策立案者らとしっかり関わっていくとした。

また、ライセンスを取得してから提供を開始する意向から、最初は限定された国でNoviをローンチしていくことになるだろうとしている。

CoinPostの提携メディアThe Blockによれば、Noviは他のステーブルコインも利用できないか可能性を探っているという。

関連仮想通貨リブラ(ディエム)とは|初心者でもわかる特徴を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します