CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨リブラ(ディエム)とは|初心者でもわかる特徴を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Facebookは、2020年に使用するために展開されるLibraと呼ばれるデジタル通貨を2019年6月発表し、世界中の数十億人のユーザーがオンラインで金融取引を行うことを可能にすると宣言しました。

この新技術は、銀行業界の風景を変える脅威であったこと、Facebookが規制や独占禁止法対策を求める声の高まりに直面していたことから、発表当初から精査の対象となりました。

その後1年と数か月がたち、Libraは名前をDiemに変え、システムを大幅改変し再スタートを切りました。

Diemとは何か?

Diem協会はDiemを「グローバルな通貨・金融インフラ」だとしています。ブロックチェーン上に構築され、法定通貨にその価値を固定した、いわゆるステーブルコインのひとつとなります。当初、Libraは複数の通貨を利用した「バスケット」をその価値の基準にしようとしていました。しかし、金融当局の警戒によりDiemとなるにあたって当面は単一の通貨に連動する仮想通貨を複数発行する方向に転換しました。

なぜDiemと呼ばれているのか?

Carpe Diem(この日をつかめ)ともいわれるように、Diemは「一日」を意味するラテン語です。「プロジェクトの成熟と独立」を現して改名したとDiem協会CEOのStuart Levey氏は表現します。

改名前の、リブラという名前の由来は、ローマ時代の基本的な体重測定から来ていました。同じ語源を持つ言葉としてはポンド(lb)があります。

Diemは誰が監督するのか?

この通貨は、「Diem協会」と呼ばれる企業の集合体によって運営されることになります。ステーブルコインとして機能し、ドルなどのいくつかの既存の資産に固定されることで、多くの暗号通貨が経験するようなボラティリティの影響を受けにくくすることを目的としています。

Diem協会は、スイスに拠点を置く独立した非営利団体であり、主に2つの機能を提供します:ブロックチェーン上のトランザクションを検証することと、リザーブLibraを管理し資金を配分することです。

Diem協会内には、Diem協会評議会{未確認}と呼ばれる統治機関が設置されており、協会の各メンバーの代表者で構成されるこの機関が政策や運営上の決定事項について投票することになります。

フェイスブックは、Diem協会とDiemブロックチェーンを作ったものの、2020年に通貨が発売されると、同社は指導的役割から撤退し、協会のメンバー全員がDiemのガバナンスにおいて平等な投票権を持つことになると主張しています。

Diem協会のメンバーとなる企業には、Spotify、Uber、Lyft、Shopifyなどのテック企業のほか、Andreessen Horowitz、Thrive Capitalなどの金融・ベンチャーキャピタル企業が含まれています。

Libraからの変更点

LibraからDiemへの変更にあたり、フェイスブックのプロジェクト中の存在感が減少したのは大きなポイントです。フェイスブック自体はリブラ協会の一員ではありませんが、子会社のNoviがDiemのウォレットを開発しています。プレスリリースの文中でもフェイスブックの名前は出ず、Diemから距離を置くことで、規制関係者へのフェイスブックが特別扱いされることはないというアピールとも考えられます。

前述の通り、バスケット型の裏付けの中止も大きな転換です。バスケットに裏付けられた仮想通貨は規制当局からの目が厳しく、Diemはバスケットに入れる予定の法定通貨いくつかに基づいたステーブルコインをいくつか発行する予定としています。しかし、法定通貨の基づく複数のステーブルコインが発行されたされたとき、それらに基づきDiemはそのステーブルコインを合成したものとして、割合で定義できるとしている。

Diemを手に入れるには?

「Diem協会は新しいエンティティがスイス金融市場監督庁(FINMA)を通じて認可され次第、初のステーブルコイン、Diem Dollarを立ち上げる準備ができている」としてフィナンシャル・タイムズ紙はドルに固定した仮想通貨が登場する可能性があると報じました。

Diem協会は、各トークンがどの程度の範囲で流通し、次のコインがどの法定通貨に固定されるかを明確にするために、2020年12月、世界中の規制当局との協議を続けているとしています。

リブラはどのように使うことができるのか?

暗号通貨が発行されると、ユーザーはNovi(旧Calibra)というデジタルウォレットをダウンロードすることができ、スマートフォンを持っている人なら誰にでも送ることができるようになります。メッセンジャーやWhatsApp、スタンドアロンアプリで利用でる予定です。

Facebook は「ほとんど誰でも」スマートフォンを持つ世界の誰でもアプリをダウンロードすることができるようになると過去に述べましたが、Diemへの改名と仕様の大幅な改変のため、コインの運用範囲は明らかではありません。

関連:中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは|ビットコインとの違いと主なメリット

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 火曜日
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。
12:59
JPモルガン「CEXからDEXへの構造的な転換には懐疑的」
米JPモルガンは、仮想通貨エコシステムで予想される今後の変化に関して、新たなレポートを発表。FTXの破綻にもかかわらず、中央集権型取引所から分散型取引所への構造的な転換には懐疑的だと主張した。
11:59
BTCマイナーに複数の降伏シグナル、実現損失は過去4番目の水準
暗号資産(仮想通貨)市場では資金繰りの悪化するビットコインマイナーに複数の「降伏シグナル」が散見された。1週間の実現損失額は、過去4番目の水準に達した。
11:55
欧州中銀総裁「仮想通貨規制の拡大が必要」
欧州中央銀行のラガルド総裁は、仮想通貨取引所FTXが破綻したことを受けて、より広範な仮想通貨規制が必要だと述べた。将来的にMiCAの範囲を拡大する必要があるとしている。
11:08
エイプコイン、ステーキング機能リリースへ
エイプコインのステーキング 暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)の正式なステーキング機能が12月12日にリリースされることが明らかになった。 Ape Staking Up…
10:15
米クラーケン、米財務省と和解
米仮想通貨取引所クラーケンは、米財務省OFACと和解した。イランに対する制裁違反があったことを自発的に報告し、約5,000万円の罰金を支払った形だ。
09:25
LINE傘下のBITFRONT、サービス終了へ
LINE傘下の仮想通貨取引所BITFRONTは、サービス終了を発表。サービスを終了する理由や今後の流れを説明している。
08:15
米フィデリティ、個人投資家向けにBTC・ETH取引を提供開始
米大手金融機関フィデリティは個人投資家向けにビットコインとイーサリアムの取引サービスを提供開始した。
07:40
米コインベース、Web3ゲーム関連銘柄を新規上場へ
米国の大手暗号資産取引所コインベースは29日、Web3ゲーム関連銘柄の新規取扱予定を発表した。
07:18
レンディング大手BlockFi、破産を申請
仮想通貨貸借サービス企業BlockFiは、米破産法11条にもとづいた破産申請を行った。破産申請の書類から、債権者などの詳細が明らかになっている。
06:50
29日朝|NYダウ下落 米利上げ長期化の懸念など
今日のニューヨークダウ平均は下落。中国でのゼロコロナ政策に対する抗議デモの激化や、利上げの長期化を示唆する連銀総裁らのタカ派的な発言などが売り材料になったようだ。
11/28 月曜日
16:06
国内イベント「Web3 Tokyo 2022」12月にオンライン開催へ
株式会社N2Mと株式会社こころまちはweb3カンファレンス「Web3 Tokyo 2022」を12月10日に開催する。渋谷区も後援するほか、経済産業省や仮想通貨業界の大手企業も登壇予定。
13:01
Coinsquareで顧客の個人情報漏洩か
カナダの大手仮想通貨取引所「Coinsquare」の顧客データベースが侵害され、個人情報が流出した可能性があることがわかった。パスワードは流出していない。
12:30
BTC上抜けならず反落、アルト相場も売り優勢
FTX破綻の影響で疑心暗鬼の暗号資産(仮想通貨)市場では、リバウンド局面でビットコイン上抜けならず反落。前週末に反発してたアルト相場も一斉に売り優勢となった。
12:15
仮想通貨取引所の資産開示、コインベースなど報告開始
米仮想通貨取引所コインベースは資産証明についての方針を発表。FTX破綻を受けて、多くの取引所も管理する顧客資産の情報開示に関する対応を発表している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
重要指標
一覧
新着指標
一覧