CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨リブラ(ディエム)とは|初心者でもわかる特徴を解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Facebookは、2020年に使用するために展開されるLibraと呼ばれるデジタル通貨を2019年6月発表し、世界中の数十億人のユーザーがオンラインで金融取引を行うことを可能にすると宣言しました。

この新技術は、銀行業界の風景を変える脅威であったこと、Facebookが規制や独占禁止法対策を求める声の高まりに直面していたことから、発表当初から精査の対象となりました。

その後1年と数か月がたち、Libraは名前をDiemに変え、システムを大幅改変し再スタートを切りました。

Diemとは何か?

Diem協会はDiemを「グローバルな通貨・金融インフラ」だとしています。ブロックチェーン上に構築され、法定通貨にその価値を固定した、いわゆるステーブルコインのひとつとなります。当初、Libraは複数の通貨を利用した「バスケット」をその価値の基準にしようとしていました。しかし、金融当局の警戒によりDiemとなるにあたって当面は単一の通貨に連動する仮想通貨を複数発行する方向に転換しました。

なぜDiemと呼ばれているのか?

Carpe Diem(この日をつかめ)ともいわれるように、Diemは「一日」を意味するラテン語です。「プロジェクトの成熟と独立」を現して改名したとDiem協会CEOのStuart Levey氏は表現します。

改名前の、リブラという名前の由来は、ローマ時代の基本的な体重測定から来ていました。同じ語源を持つ言葉としてはポンド(lb)があります。

Diemは誰が監督するのか?

この通貨は、「Diem協会」と呼ばれる企業の集合体によって運営されることになります。ステーブルコインとして機能し、ドルなどのいくつかの既存の資産に固定されることで、多くの暗号通貨が経験するようなボラティリティの影響を受けにくくすることを目的としています。

Diem協会は、スイスに拠点を置く独立した非営利団体であり、主に2つの機能を提供します:ブロックチェーン上のトランザクションを検証することと、リザーブLibraを管理し資金を配分することです。

Diem協会内には、Diem協会評議会{未確認}と呼ばれる統治機関が設置されており、協会の各メンバーの代表者で構成されるこの機関が政策や運営上の決定事項について投票することになります。

フェイスブックは、Diem協会とDiemブロックチェーンを作ったものの、2020年に通貨が発売されると、同社は指導的役割から撤退し、協会のメンバー全員がDiemのガバナンスにおいて平等な投票権を持つことになると主張しています。

Diem協会のメンバーとなる企業には、Spotify、Uber、Lyft、Shopifyなどのテック企業のほか、Andreessen Horowitz、Thrive Capitalなどの金融・ベンチャーキャピタル企業が含まれています。

Libraからの変更点

LibraからDiemへの変更にあたり、フェイスブックのプロジェクト中の存在感が減少したのは大きなポイントです。フェイスブック自体はリブラ協会の一員ではありませんが、子会社のNoviがDiemのウォレットを開発しています。プレスリリースの文中でもフェイスブックの名前は出ず、Diemから距離を置くことで、規制関係者へのフェイスブックが特別扱いされることはないというアピールとも考えられます。

前述の通り、バスケット型の裏付けの中止も大きな転換です。バスケットに裏付けられた仮想通貨は規制当局からの目が厳しく、Diemはバスケットに入れる予定の法定通貨いくつかに基づいたステーブルコインをいくつか発行する予定としています。しかし、法定通貨の基づく複数のステーブルコインが発行されたされたとき、それらに基づきDiemはそのステーブルコインを合成したものとして、割合で定義できるとしている。

Diemを手に入れるには?

「Diem協会は新しいエンティティがスイス金融市場監督庁(FINMA)を通じて認可され次第、初のステーブルコイン、Diem Dollarを立ち上げる準備ができている」としてフィナンシャル・タイムズ紙はドルに固定した仮想通貨が登場する可能性があると報じました。

Diem協会は、各トークンがどの程度の範囲で流通し、次のコインがどの法定通貨に固定されるかを明確にするために、2020年12月、世界中の規制当局との協議を続けているとしています。

リブラはどのように使うことができるのか?

暗号通貨が発行されると、ユーザーはNovi(旧Calibra)というデジタルウォレットをダウンロードすることができ、スマートフォンを持っている人なら誰にでも送ることができるようになります。メッセンジャーやWhatsApp、スタンドアロンアプリで利用でる予定です。

Facebook は「ほとんど誰でも」スマートフォンを持つ世界の誰でもアプリをダウンロードすることができるようになると過去に述べましたが、Diemへの改名と仕様の大幅な改変のため、コインの運用範囲は明らかではありません。

関連:中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは|ビットコインとの違いと主なメリット

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア